contests! more

募集中
10/18〆
賞金
10万円
募集期間
09/18~10/18
募集中
賞金:~3万円
募集期間
09/06~
募集中
賞金
1万円
募集期間
09/06~
募集中
賞金:~3万円
募集期間
09/04~
募集中
賞金:1~3万円
募集期間
08/30~
募集中
賞金:~3万円
募集期間
08/29~
募集中
賞金:~3万円
募集期間
08/29~
募集中
賞金:~5万円
募集期間
08/27~
募集中
09/30〆
賞金:1~3万円
募集期間
07/04~09/30
募集中
賞金:1~5万円
募集期間
06/26~
募集中
賞金:3~10万円
募集期間
04/26~
募集中
賞金:3~10万円
募集期間
03/15~

new arrival new arrival more

weekly ranking weekly ranking more

2018/09/18
Milk town no.1 参加中!!
30
109
2018/09/19
Pretzel no.2 参加中!!
28
59
2018/09/20
BAAAAAn!! no.3 参加中!!
25
30
2018/09/20
パイナソー no.4 参加中!!
24
34
2018/09/19
Pineapplecorn no.5 参加中!!
22
44
2018/09/19
PineMan Wow!! 2 no.6 参加中!!
20
41

new column new column more

「メロンパン×おじさん」大賞作品発表! 2018-09-25 「メロンパン×おじさん」大賞作品発表! merlot "パンとおじさん"コンペシリーズ 第7回「メロンパン×おじさん」 大賞作品 タイトル» 作品ページ バランスボール 作者» 作者様ギャラリーページ yu_uy様 賞金額 10万円 いかがでしたでしょうか! 只今、GOODデザイン積極採用中です!皆様のご応募お待ちしております。 コンペ | 10view 「清心な絵画 松尾敏男展」エッセー朗読とトークイベントを開催 2018-09-22 「清心な絵画 松尾敏男展」エッセー朗読とトークイベントを開催 横浜・そごう美術館で好評開催中の「清心な絵画 松尾敏男展」(産経新聞社・そごう美術館主催)で、9月30日(日)午後2時から、松尾敏男氏の書いたエッセーの朗読会およびトークイベントを開催します。 朗読会では、一般財団法人松尾財団理事長で、作曲家・音楽プロデューサーでもある松尾由佳さんの優雅なピアノの調べにのせ、俳優の原沢侑高さんが、松尾敏男氏のエッセーを朗読します。その後、画家で日本美術院同人でもある宮北千織さんと松尾由佳さんによるトークイベントが開かれ、松尾作品の魅力を掘り下げていきます。 朗読会、トークイベントとも、そごう美術館の展示会場内で行われ、イベント自体の参加費は無料(要別途入館料)。事前予約の必要もありません。 公式サイト:https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/archives/18/matsuo_toshio/ 「松尾芸術の真髄が堪能できる」と展覧会は好評だ 【「清心な絵画 松尾敏男展」概要】 会期:9月8日(土)~10月14日(日) 会場:そごう美術館(横浜市西区高島2-18-1 横浜駅東口 そごう横浜店6階) 開館時間:午前10時~午後8時(入館は閉館の30分前まで) 入場料:大人1,000(800)円、大学・高校生800(600)円、中学生以下無料 ※消費税含む。 ※( )内は前売および20名以上の団体料金。 ※ミレニアム/クラブ・オンカードをお持ちの方は( )内の料金にてご入館いただけます。 ※障がい者手帳各種をお持ちの方およびご同伴者1名無料。 主催:そごう美術館/産経新聞社 後援:神奈川県教育委員会/横浜市教育委員会 協力:一般財団法人松尾敏男財団/公益財団法人日本美術院 協賛:(株)そごう・西武 コラム | 8view 第7回 「メロンパン×おじさん」入賞作品発表! 2018-09-22 第7回 「メロンパン×おじさん」入賞作品発表! merlot "パンとおじさん"コンペシリーズ 第7回「メロンパン×おじさん」 入賞作品 タイトル» 作品ページ Melonpan man 作者» 作者様ギャラリーページ gata様 賞金額 2万円(副賞として) いかがでしたでしょうか! 只今、GOODデザイン積極採用中です!皆様のご応募お待ちしております。 コンペ | 166view 「妖しい洋館の紋章」受賞4作品目発表! 2018-09-22 「妖しい洋館の紋章」受賞4作品目発表! DrugHoney 長期コンペ「妖しい洋館の紋章」 入賞作品 タイトル» 作品ページ Vivere disce, cogita mori. 作者» 作者様ギャラリーページ 白古泣様 賞金額 1万円 いかがでしたでしょうか! 只今、GOODデザイン積極採用中です!皆様のご応募お待ちしております。 コンペ | 50view 「画家の視野に没入し、 描かれきれなかった風景 」を体感! AIとプロジェクションマッピングを応用した絵画体験『A I T』 2018-09-22 「画家の視野に没入し、 描かれきれなかった風景 」を体感! AIとプロジェクションマッピングを応用した絵画体験『A I T』 日本経済新聞社とカヤックが共同開発した“画家が描いた世界を体験できる”システム、『Art Immersion Technology』(以下、AIT)。作品の中の風景を人工知能により画家のタッチで再構成し、作り上げられた360度の画像が展示室全体に投影されます。 作者の視点から「描かれなかった風景」と作品を見ることで画家の思考を追体験し、作品に対する理解を深める事が出来る新感覚美術鑑賞です! この驚くべき新時代的没入型システムが、2018年9月26日(水)より国立新美術館(東京・六本木)で開催される「オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展」にて初めて設置・公開されます。さらに、今後は様々な展示会での利用も想定しています。       ■没入型絵画体験『AIT』とは 画家が感じとった風景は、画家のタッチによってキャンバスに描かれています。しかし画家が絵を描くために立っていた場所には、キャンバスのなかに描かれきれなかった風景もあったはず。その「描かれきれなかった風景」を観賞することができれば、「画家の視界へと没入している状態」になり、なぜその風景の中から画家がその場所を切り取ったのかを体感できるのではないか―。『AIT』は画家の思考を追体験する、新たな絵画展示のためのテクノロジーです。     ■開発体制 今回の『AIT』開発に当たっては国立新美術館の協力を得て、日経イノベーション・ラボがフランスにおけるピエール・ボナールの足跡を調査。ピエール・ボナールが実際に暮らした北フランスの家、南フランスのアトリエ、散歩した道、ニースの岬などを訪れ、絵が描かれた場所を明らかにし、撮影を行いました。そして実際に撮影された風景をもとに「絵画の拡張」を実現するための新たなAI( artificial intelligence: 人工知能 )を作成しました。 VRなどを利用した視覚表現で様々な実績があるカヤックは、その知見をもとに『AIT』展示室の設計や映像制作を担当。日経とカヤック、両社の力を融合することでピエール・ボナールが暮らし、実際に絵を描いた場所を『AIT』で再現しました。     ■『オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展』での展示 今回の展示ではピエール・ボナールの作品の中から6点の絵画を厳選。絵画と同じ場所で360度撮影を行い、日経イベーション・ラボが開発したAIで「アーティストが描いた場合の絵画映像」に変換。展覧会の『AIT』セクションで上記の絵画映像と実際の風景をプロジェクションマッピングによって360度に映し出します。展示された風景画だけでなく、部屋全体に「画家が目にしたが、描かれなかった風景」が広がり、「画家の視界へ没入する」体験を味わうことができます。     ■『AIT』の今後の展開 今後『AIT』は3Dスキャナや3Dプリンタなどを用いて、「絵画の中にあるモノ」の再現、スマートフォンとの連動などを検討するとともに、絵画展示を拡張する新たな展示手法として、日本経済新聞社主催の美術展をはじめとした様々な展示での利用を想定しています。 詳細はこちら↓ http://bonnard2018.exhn.jp/ait/ コラム | 15view コラムをもっと見る