column | イラストコンペ・デザインやコンテストに関する情報

グッズ 2018/01/09

著作権を「知る」「守る」その権利を「使う」ための必読特集!

2018年1月6日(土)株式会社エムディエヌコーポレーションさんからデザインとグラフィックの総合情報誌、月刊『MdN(エムディエヌ)』2018年2月号が発行されました。

月刊『MdN』2018年2月号

著作権についてしっかりと理解し説明できる方は案外少ないのではないのでしょうか。(私もできません!)
ざっくりいうと著作権とは「権利者が第三者に著作物の利用を許可してその使用料を受け取ることができる権利」になります。
MdN2月号では、過去にあった著作権絡みの事例や、著作権とは切っても切れない「著作者人格権」についても書かれており、ものづくりをされている方には興味深い内容となっていますね。

【特集1】
著作権をめぐる
表現と権利の物語

クリエイティブに関わる法や契約。
特に著作権はもっとも身近な法律と言えます。

自分が作ったコンテンツがどのように守られているのか、
あるいは、誰かの権利を侵害してしまっていないか……など、
気になってはいても、やっぱり「法律」って難しそう。

しかし本来、著作権とは「芸術や文化をより豊かにする」ためのしくみ。
それも、新たなメディアや社会環境に応じて、変化が求められています。
著作権の根っこを理解して、コンテンツを正しく守り、そして使えるコンテンツは存分に活用していく。
そのための基本を一緒に学んでみましょう。

■ 著作権とクリエイションをめぐる4つのエピソード
「ミッフィー対キャシー事件」
「『Asahi』ロゴマーク事件」
「森のくまさんパロディ事件」
「海賊版リーチサイト摘発事件」

■PART1 著作権という法律の基礎的なコンセプトを「知る」
*著作権と著作者人格権
*著作物って何だろう?
*著作権の外側にあるもの

■PART2 作者の権利と利用者の権利、お互いを尊重しながら「守る」
*CASE BY CASE
--これってアリ?ナシ? クリエイターのための著作権Q&A

著作権って実際、クリエイティブや作品制作をしていくなかでどんなふうに関わってくるんだろう。
クリエイターが気になる16のケースバイケースな疑問を法の専門家に質問!
かっぴーによるマンガ『左ききのエレン』に登場するクリエイターたちと誌面コラボレーションでお送りします。

*INTERVIEW
ワンダーフェスティバルを支える「当日版権」システムとは

*動画カルチャーのリーガルデザイン

■PART3 豊かな文化を築くために開かれたコンテンツを「使う」
*パブリックドメインをめぐる取り組み
*クリエイティブ・コモンズのしくみ

*INTERVIEW
『BEATLESS』の世界設定を共有するプロジェクト
アナログハック・オープンリソース
小説家 長谷敏司インタビュー

株式会社エムディエヌコーポレーション http://www.MdN.co.jp/
月刊『MdN』2018年2月号 http://www.MdN.co.jp/Magazine/
 

ちなみに、ユーザー様から「私的・商用利用」に関するお問い合わせがありますので改めて記載しておきます。
弊社では、受賞作品(著作権譲渡契約済みの作品)に限り商用利用はお控えいただいております。私的利用に関しましては、特に制限を設けておりません。

私的利用に該当するもの

・投稿作品を別のサイトで紹介する
・ポートフォリオを作成し、過去の実績として営業活動する
・ご家族や友人のような限られた関係の中で作品を使用して作ったものをプレゼントする
 

商用利用に該当するもの

・作品、またはデザインの一部を使用し商品として販売する
・契約済みの作品を弊社以外に譲渡、またはレンタルし使用料を得る
 

その他「こんな場合、私的・商用利用どっちなの?」などご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ!

お問い合わせフォーム
お問い合わせ掲示板