イベント情報
イベント 2019/12/12

『第2回 ポケモンカードゲーム イラストグランプリ』 開催決定!

『ポケモンカードゲーム』を開発する株式会社クリーチャーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中宏和)は、昨年に引き続き、今年も『ポケモンカードゲーム イラストグランプリ』を開催します。

『第2回 ポケモンカードゲーム イラストグランプリ』 公式サイト
https://www.creatures.co.jp/igp2/

■昨年の応募は5,343点! 今年のテーマは「ポケモンのカッコいい瞬間」

「ポケモンカードゲーム」は、発売から24年目を迎える、日本初のトレーディングカードゲームです。これまで13言語で販売され、77ものエリアで遊ばれています。昨年、「ポケモンカードゲーム」のイラストの世界を広げるべく「ポケモンカードゲーム イラストグランプリ」を初開催。大変多くの素晴らしい作品が集まり、新たな才能が発掘されました。
第2回目となる今年のテーマは、「ポケモンのカッコいい瞬間」です。指定する8種類のポケモンから1匹を選び、森や街などの風景の中に描いていただきます。受賞者だけでなく、優秀な作品をご応募いただいた方には、クリーチャーズからポケモンカードゲーム公認イラストレーターとしてお仕事を依頼させていただく可能性がございます。また今回は、前回ご応募いただいたイラストの多様性を考慮し、2Dと3Dイラストの各優秀賞を新設いたしました。

『第2回 ポケモンカードゲーム イラストグランプリ』詳細

[応募期間] 2019年12月9日~2020年3月31日 (日本時間23:59まで)

[各賞]
グランプリ    :1名 賞金30万円+受賞作品をカード化して贈呈
2Dイラスト優秀賞:1名 賞金10万円
3Dイラスト優秀賞:1名 賞金10万円
審査員賞     :5名 賞金5万円
※受賞者だけでなく、優秀な作品をご応募いただいた方には、「ポケモンカードゲーム公認イラストレーター」とし てのお仕事を依頼させていただく可能性がございます。

[テーマ] 「ポケモンのカッコいい瞬間」
以下の8種類のポケモンから1匹を選び、そのポケモンのカッコいい瞬間を切り取って森や街などの風景の中に描いてください。

※ポケモンの情報は、イラストグランプリ公式サイトに掲載されている資料を参考にしてください。
https://www.creatures.co.jp/igp2/theme/

[制作上の注意点]

テーマに沿って、ポケモンだけでなく具象背景(森や街などの具体的な風景)も描いてください。
背景には文字および文字的な表現を使わないでください。
グランプリ受賞者には、受賞作品をカード化する際に印刷に適したデータの提出など、ご協力いただく可能性がございます。

※おひとり様、3点までの応募とさせていただきます。

[提出形式]

画像サイズ:1080×680pixel
ファイル形式:JPEG, PNG(RGB)
ファイル容量:3MB以内

[応募資格]
日本国内在住で、年齢・国籍不問。プロ・アマは問いません。
※未成年者の応募には保護者の同意が必要です。

[応募方法]
下記サイトの応募要項・応募規約・プライバシーポリシーをよくお読みいただき、ご同意の上、応募フォームより作品を提出してください。
https://www.creatures.co.jp/igp2/application/

[審査員]
石原 恒和  (株式会社ポケモン 代表取締役社長)
田中 宏和  (株式会社クリーチャーズ 代表取締役社長)
北野 祐司  (株式会社クリーチャーズ 取締役 開発プロデューサー)
氏家 淳子  (株式会社クリーチャーズ 取締役 ポケモンCGスタジオ アートディレクター)
古閑 謙一  (株式会社クリーチャーズ アートディレクター)
ありが ひとし(ポケモンカードゲーム公認イラストレーター)
村山 竜大  (ポケモンカードゲーム公認イラストレーター)
大谷 勇太  (ポケモンカードゲーム公認イラストレーター)

[審査基準]

テーマに沿ってイラストが描かれていること
ポケモンの設定を理解し、それを表現できていること

[結果発表]
2020年6月、「第2回 ポケモンカードゲーム イラストグランプリ」公式サイトにて発表予定。

「ポケモンカードゲーム公認イラストレーター」とは
株式会社クリーチャーズと契約し、ポケモンカードゲームのイラストを描くことができるイラストレーターのことです。

主催:株式会社クリーチャーズ
協力:株式会社ポケモン
運営:株式会社JDN
©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

【『ポケモンカードゲーム』について】
1996年10月に誕生し、24年目を迎えた『ポケモンカードゲーム』は、ゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズの世界観をテーマにした、日本発祥としては最も歴史のあるトレーディングカードゲームです。カードにはそれぞれ効果があるため、あらかじめ自分の好みに組み合わせた「デッキ」を構築する楽しみはもちろん、そのデッキを使って相手と戦略的な対戦を繰り広げる面白さがあります。また、対戦の始まりと終わりには、挨拶や握手が交わされるなど、対面ならではのコミュニケーションが生まれることも魅力です。そのほかにも、ワクワクしながらカードのパックを開けたり、さまざまなポケモンのイラストを見るなど、カードを手にする人の数だけ楽しみ方があるのも、このゲームの特徴です。これまで13言語で販売され、77ものエリアで遊ばれています。

【会社概要】
会社名:株式会社 クリーチャーズ/Creatures Inc.
所在地:〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目10番2号 飯田橋グラン・ブルーム 23階
代表者:代表取締役会長 石原恒和/代表取締役社長 田中宏和
設立:1995年11月8日
URL:https://www.creatures.co.jp/

事業内容

ゲームソフトの開発
カードゲームの開発
3Dコンピューターグラフィックスの制作
映像、音楽に関する製品の企画、制作、プロデュース
Webコンテンツの制作
雑誌、書籍の企画、制作
キャラクター商品・玩具の企画、開発

株式会社クリーチャーズは『ポケットモンスター』シリーズの原作3社の内の1社です。おもにポケモンカードゲームの企画・制作、ポケモン関連のデジタルゲームや、ポケモンキャラクターの3Dモデリング・モーション制作、ボードゲームの企画制作、オリジナルゲームの制作などを行っています。 また、ポケモン以外の仕事として、iOS/Androidアプリの企画制作、書籍の企画編集や、NHK「みんなのうた」のアニメーション制作なども手がけています。今後も、ポケモン事業を基軸として幅広く業務を行うことで、各分野で蓄積されたノウハウを別の分野に活かし、より魅力的なコンテンツ作りを続けていきます。