column | イラストコンペ・デザインやコンテストに関する情報

コラム 2018/09/14

萩博物館 明治維新150年特別展 第1弾 「手塚治虫が描いた明治維新」展

★画像★



萩市では、吉田松陰や高杉晋作をはじめ、多くの近代日本の礎となった人材を多く輩出した「明治維新胎動の地」として、平成30年に明治維新150年と節目の年を迎えるにあたり、平成30年9月15日(土)~10月14日(日)の期間、明治維新150年特別展として「手塚治虫が描いた明治維新」が開催されます。
明治維新150周年と「マンガの神様」と称えられる手塚治虫生誕90周年とが重なる記念すべき年に、山口県では初めてとなる手塚治虫の本格的展覧会となります。

展覧会のメインは明治維新を背景に描いた漫画『陽だまりの樹』です。江戸から明治へという我国の一大革期を全力で駆け抜け、必死で生きた若者たちの姿を描いた作品で、直筆のマンガ原稿や作品中に見られるような医師の治療器具、萩博物館の収蔵資料をもとにして紹介されます。
特設ブースでは「鉄腕アトム」をはじめ、「ジャングル大帝」、「リボンの騎士」、「ブラックジャック」など、おなじみ作品に登場した個性的なキャラクターたちも紹介。さらに、実娘である“手塚るみ子さん”によるトークショー『娘が語る父・漫画家『手塚治虫』」が9月15日(土)午前10時30分~12時に開催されます。

★画像★


★画像★



【「手塚治虫が描いた明治維新」 開催概要】 

開催期間 : 平成30年9月15日(土)~10月14日(日)

開催場所 : 萩博物館  山口県萩市堀内355番地
      <0838-25-6447>

観覧料 : 大人510円 高校・大学生310円 小・中学生100円

団体割引 20名以上20% 障がい者割引 20%

開催内容 : マンガの神様「手塚治虫」は明治維新をどう描いたのか?平成30年は、明治維新150周年と「マンガの神様」と称えられる手塚治虫の生誕90周年とが重なります。
この記念すべき年に、手塚治虫が「陽だまりの樹」などの作品で描いた明治維新期の世界観を、直筆のマンガ原稿や当館の収蔵資料をもとにして紹介します。

企画協力: 手塚プロダクション