column | イラストコンペ・デザインやコンテストに関する情報

コラム 2019/03/11

サンゴ礁を人工的に飼育し、海に返す体験をー。100BANCHで『渋谷にサンゴ礁を作ろう!』を開催

パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社の3社が共同で開設した「未来をつくる実験区 100BANCH」で活動している『イノカ』がサンゴ礁ウィーク2019に参加し、『渋谷にサンゴ礁を作ろう!』を開催します。
「人と魚が寄り添う社会」を目指すイノカが実施するこのイベントはサンゴの小さいかけら『フラグ(fragment)』 を人工的に大きく育てて海に返すという、サンゴ礁の保全活動を体験するもの。参加者には親株のサンゴを折ってできたフラグを岩にくっつけ、 イノカが100banchで管理している水槽に入れていただきます。
水槽に入れたサンゴのかけらたちは、100BANCHの水槽で大きく育てて海に返すことで渋谷で育ったサンゴたちが自然にかえっていくまでを体験。参加者の方は、水槽でのサンゴの成長過程をオンラインでいつでもご鑑賞いただけます。

イベント開催にあたって

綺麗な海から離れた、東京という場所に住む方たちに、サンゴの生体を身近に感じてもらい、サンゴがどのように育つのか、どれほど「成長が遅いのか」を実感してほしい。 サンゴ礁を破壊すると、元に戻すにはとても時間がかかるということを知っていただき、環境への意識を少しでも変えるきっかけになればとこのイベントを企画しました。
ぜひご参加ください。

イベント概要

■日時:2019年3月10日(日)
■時間(全3回):
第一回 14:00~15:00
第二回 15:00-16:00
第三回 16:00-17:00
■会場:100BANCH
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-1/JR渋谷駅新南口から徒歩約2分
■参加対象:子供から大人までどなたでもお越しください。
■参加費:無料
■参加方法:Facebookのイベントページより「参加」を押してください。定員は20名を予定しています。
https://www.facebook.com/events/748256625557910/
こちらより参加する回を事前にご申請ください。
https://goo.gl/forms/VtLs4Y0kSWyWLdsA3

イノカとは

「人と魚が寄り添う社会をつくる」というビジョンを掲げ活動している東大発のベンチャーです。(4月登記予定)
南国の美しい海を彩る魚やサンゴ、また雄大な熱帯に生息する熱帯魚・水草をはじめとした飼育困難な生体を健康に飼育し、またその水槽に水中ドローンなど様々な仕掛けを設置し「綺麗で面白い」水槽を提案しています。
http://100banch.com/projects/10193/

サンゴ礁ウィークとは?

サンゴ礁は沖縄県民の大切な宝もの!
「サンゴ礁ウィーク」とは、そのことを、もう一度、思い起こすウィーク(週)です。
今年は2018年2月24日(土)~3月11日(日)となります!
https://coralreefconservation.web.fc2.com/sangoweek/sangoweek2019.html

未来をつくる実験区「100BANCH」

「100年先の世界を豊かにするための実験区」というコンセプトのもとに、これからの時代を担う若い世代とともに新しい価値の創造に取り組む活動です。再開発の進む渋谷川沿いの倉庫を1棟リノベーションして作られた空間で、1階はカフェ・カンパニーが企画・運営する未来に向け新たな食の体験を探求するカフェスペース「KITCHEN」、2階は35歳未満の若いリーダーのプロジェクトを推進するアクセラレーションプログラム「GARAGE program」などがメインで行われるワークスペース「GARAGE」、3階はパナソニックが次の100年を創り出すための未来創造拠点であり、夜や休日にはワークショップやイベントが行われるコラボレーションスペース「LOFT」から構成されています。
http://100banch.com/