column | イラストコンペ・デザインやコンテストに関する情報

中西敏貴写真展 FARMLANDSCAPE TOKYO」開催 中西敏貴写真展 FARMLANDSCAPE TOKYO」開催 ◆5月28日から6月9日まで開催。巡回展「中西敏貴写真展 FARMLANDSCAPE TOKYO」  今春札幌にて盛況のうちに終了した 中西敏貴写真展「FARMLANDSCAPE」。東京での開催を希望する声に後押しされる形で、急遽5月28日からNine Galleryでの巡回展が決定した。 東京巡回展では、「魅せる展示」を得意とするアートディレクター三村漢が、本年4月に刊行された同名の新刊「FARMLANDSCAPE」から20点を再構成。世界観はそのままに、札幌展とは異なる視点でディレクションを行う。展示作品は全て購入可能。新刊写真集「FARMLANDSCAPE」と、初版から8作品を追加して再版された「ORDINARY」をサイン付きで販売する。 ◆「農」のある風景。美瑛の「原風景」は農家の営みによって守られてきた 美瑛に惹かれ、7年前に移住した写真家、中西敏貴。写真家としてこの土地に暮らすことで、美しい丘の風景を支える農家や町の人々との交流が深まり、移住前とはまったく異なる視点が生まれてきたという。 「日本で最も美しい村連合」に加盟の美瑛町の風景は、農家の日々の営み無くして成立しないと中西氏は強く唱える。起伏のある広大な丘で作業する農家への尊敬の念、特有の天候が作物にもたらす意味など、その土地に暮らす写真家だからこそ撮ることができた、これまでにない角度から見た美瑛の農を描く作品展となっている。 【開催概要】 作者 中西敏貴(なかにしとしき) 展示タイトル 「FARMLANDSCAPE TOKYO」 写真展会期 2019年5月28日(火)~ 6月9日(日)月曜休廊 時間 10時〜19時(最終日17時まで) 入場 無料 会場 Nine Gallery 東京都港区北青山2-10-22 (谷・荒井ビル1F)(銀座線 外苑前駅より徒歩3分) 特別協賛 美瑛町農業協同組合 / Sato Forestry Co. Ltd 協賛 ジェットグラフ株式会社 / Markins / Leofoto / 武部輝久 後援 美瑛町 / 美瑛町観光協会 / 丘のまちびえいDMO 協力 キヤノンマーケティングジャパン株式会社/ Mind Shift GEAR /株式会社フレームマン/株式会社写真弘社 【会期中イベント】予約不要・入場無料 6月2日(日))16時〜 ギャラリートーク(中西敏貴・三村漢) ◆中西敏貴写真集「FARMLANDSCAPE」 【写真集概要】 起伏のある広大な丘で作業する農家への尊敬の念、特有の天候が作物にもたらす意味など、これまでにない角度から見た美瑛の農を描く写真集。 作者:中西敏貴 (なかにしとしき) タイトル:「FARMLANDSCAPE」 サイズ:天地210ミリ×左右240ミリ 仕様:ハードカバー・96ページ 価格:2,700円(税別) 発行:青菁社 特別協賛:美瑛町農業協同組合 / Sato Forestry Co. Ltd 協賛:Markins / Leofoto / 武部輝久 後援:美瑛町/ 美瑛町観光協会/ 丘のまちびえいDMO 協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社 /Mind Shift GEAR 【作家プロフィール】 1971年生まれ。 在学中から北海道へと通い続け、2012年に撮影拠点である美瑛町へ移住し写真作家としての活動を開始。そこに住まう者としての視点を重視しつつ、農、光、造形を主なテーマとして作品制作を続ける。 ​URL : https://www.toshikinakanishi.com/ 日本風景写真家協会会員、日本風景写真協会指導会員、Mind Shift GEARアンバサダー、Haglöfsフレンズ、NPO法人ノースファインダー会員、Abox Photo Academy講師 【出版】 2012年 写真集「光の彩」(青菁社) 2014年 写真集「Power of Light」(桜花出版) 2015年 写真集「美瑛−光の旅−」(青菁社) 2016年 写真集「ORDINARY」(風景写真出版) 2017年 写真集「Design」(キヤノンドリームラボ) 2018年 写真集「ORDINARY」(風景写真出版) 【写真展】 2010年 個展「光の彩」(NADAR/OSAKA) 2012年 個展「光の彩」(キヤノンギャラリー銀座・梅田) 2013年 個展「HIKARINOIRO+」(東川町文化ギャラリー) 2016年 個展「ORDINARY」(リコーイメージングスクエア新宿) 2016年 個展「unforgettable」(大阪calmspace) 2017年 個展「Design」(恵比寿 弘重ギャラリー) 2019年 個展「Signs」(外苑前 Nine Gallery) 2019年 個展「FARMLANDSCAPE」(札幌 新さっぽろギャラリー) 【Information】 Nine Galley東京都港区北青山2-10-22 谷・荒井ビル1F ・開館時間:10:00〜19:00(休館 月曜日) URL:http://ninegallery.com コラム | 1view 資料としても、便箋としても使える!人気の花柄を集めた『リバティプリント・フラワーコレクション 100枚レターブック』発売 資料としても、便箋としても使える!人気の花柄を集めた『リバティプリント・フラワーコレクション 100枚レターブック』発売 株式会社パイ インターナショナルより、2019年5月16日(木)に書籍『リバティプリント・フラワーコレクション 100枚レターブック』が刊行されました。 『100枚レターブック』は、1枚ずつきれいに切り離して使える100枚の紙を集めた本です。色や質感のちがう、50~100柄すべて異なるデザインの紙を100枚収録しています。 今著は、イギリスのテキスタイルブランド「リバティ」の中でも人気のフラワープリントを100枚集めました。 リバティの代名詞ともいえる花柄は、1880年代に東洋風ファブリックの生産を試みたところから始まります。その後、19世紀末から20世紀初頭にかけてアール・ヌーヴォーの優雅なデザインやウィリアム・モリスが手がけたプリントを発表し、確固たる地位を築きあげました。過去の膨大なコレクションにインスパイアされたクラシックな花柄から、最新のモダンなデザインまで幅広くセレクトしたレターブックです。 見ているだけで楽しく、創作の資料として活用できるのは勿論のこと、1枚1枚切り離して大切な人へのお手紙として使ったり、クラフト雑貨の素材としても使用できます。1冊で何通りも楽しめる素敵な一冊です! --------------------------------------------------------------------------------------- <書籍概要> 書名:『リバティプリント・フラワーコレクション100枚レターブック』 仕様:A5判(148×210mm)/ソフトカバー/216Pages(Full Color) 定価:1,800円+税 I S B N :978-4-7562-5208-1 C0070 発売日:2019年5月16日 編著・発売元:パイ インターナショナル HP:https://pie.co.jp/book/i/5208/ 【100枚レターブック特設サイト】で活用例を紹介しています。是非ご覧ください! https://pie.co.jp/letterbook/ コラム | 11view 手塚治虫のイタコ漫画家として大反響!つのがい著『#こんなブラック・ジャックはイヤだ』最新第3巻 &amp; 待望の初イラスト集が発売! 手塚治虫のイタコ漫画家として大反響!つのがい著『#こんなブラック・ジャックはイヤだ』最新第3巻 & 待望の初イラスト集が発売! SNS発の手塚プロダクション公式作家、つのがいによる神をも恐れぬ『ブラック・ジャック』パロディ『#こんなブラック・ジャックはイヤだ』の最新第3巻と、デビュー以来描き続けてきた一枚絵をまとめた待望の初のイラスト集『Daily Works』が、本日5月15日に2冊同時発売。 また、この新刊2冊同時発売を記念した個展「#こんなブラック・ジャックはイヤだ展」が「池袋虜」にて5月17日から5月31日まで開催されることになりました。個展会場では、原画の展示はもちろん、限定オリジナルグッズの販売や、作中のレシピとキャラクターをイメージしたドリンクを提供する「コラボカフェ」も実施します。 --------------------------------------------------------------------------------------- 【作品内容紹介】 『#こんなブラック・ジャックはイヤだ』第3巻 つのがい・著 手塚治虫・原作 定価:本体690円+税 2019年5月15日発売 小学館クリエイティブ・刊 叶うなら、友達欲しい百鬼丸!反撃の七色いんこ!インスタを荒らすユリさん!レギュラー争い激化でメインキャラ B・J、ピノコ、キリコ、ロックもうかうかできない『ブラック・ジャック』パロディはこちらです。 この本でしか読むことができない描き下ろし新作漫画と美麗イラストギャラリーをカラーで大収録!! 本書紹介ページ http://www.shogakukan-cr.co.jp/book/b450444.html 試し読み http://tameshiyo.me/9784778034078 --------------------------------------------------------------------------------------- 『つのがいイラスト集Daily Works』 つのがい・著 手塚治虫・原作 定価:本体1,200円+税 2019年5月15日発売 小学館クリエイティブ・刊 SNSへの『ブラック・ジャック』パロディ漫画の投稿がきっかけとなり、2016年に手塚プロダクション公式作家となったつのがい待望の初イラスト集が誕生。デビュー以来約3年間にわたり漫画の神、手塚治虫の創造したキャラクターを唯一無二のセンスで日々描いてきた作品に、本書の為の描き下ろしを加え、総計100点以上の厳選イラストを一挙収録。貴重なラフスケッチ、つのがい本人による各作品解説と作画解説も特別収録します。 本書紹介ページ http://www.shogakukan-cr.co.jp/book/b450452.html 試し読み http://tameshiyo.me/9784778038243 --------------------------------------------------------------------------------------- 「#こんなブラック・ジャックはイヤだ展」公式サイト https://www.manga10.com/schedule/519/ <池袋虜> https://www.ikebukurotorico.com/ --------------------------------------------------------------------------------------- 【作者情報】 ■つのがいTwitter:https://twitter.com/sunxoxome ■つのがい公式ホームページ:https://www.tsunogai.net/ ■つのがい公式Instagram:https://www.instagram.com/tsunogai_gram/ ■連載ページ:https://www.ebigcomic4.jp/title/411058 コラム | 18view 植物をテーマとしたアート展「THE BOTANIC GARDENS」開催 植物をテーマとしたアート展「THE BOTANIC GARDENS」開催 2019年5月15日(水)より、伊勢丹新宿店メンズ館2階のギャラリースペース 『ART UP』 にて、”植物”をテーマとしたアート展「THE BOTANIC GARDENS(ザ ボタニック ガーデンズ)」を開催。 『ART UP』の第4回目の企画となる本展では、植物を題材に、それぞれの切り口で表現する個性豊かな3組のアーティスト「AZU KIMURA」、「Saori Ohwada」、「Ginkgo Sisters」を招致し、作品を展示販売いたします。 花びらの外形を取り除いた色彩豊かな押し花や、樹木や多肉植物などの生命力溢れる繊細な描写、ひとつとして同じ形が存在しない多様性と芸術性を持つイチョウの葉拓など、それぞれのアーティストによる異なる視点や手法で、植物に対する愛情や魅力が表現されています。 アーティストプロフィール ©︎Hideyuki Seta 〈Azu Kimura〉 フラワーデザイナー / アーティスト。植物を素材とした空間ディスプレイや、撮影を担当する傍ら自然物をテーマに作品を制作。 植物という存在が鑑賞者にとって新鮮なものになることを目的に活動している。 ©︎Hideyuki Seta 〈Saori Ohwada〉 福島県いわき市出身。日本デザイナー芸術学院専門学校グラフィックデザイン専攻科卒業後、印刷・アパレルなどのデザイン会社において商品企画デザインに携わる。都内を中心に活動し、定期的に個展や展示会を開催し、作品制作以外に壁画や内装など大きな画面での制作活動も積極的に取り組む。2012年、樹木の生態と生命力に興味を持ち、樹木の生き生きとした佇まいと樹皮が持つ皺やたるみといった樹にしか持つことの出来ない表情に胸を打たれ、自身の作品モチーフを樹木に絞る。現在も樹木の作品に加え、サボテンや多肉植物といった植物のリアル画をシリーズ化させ、植物の生命力を作品に込め、描き続けている。 〈Ginkgo Sisters〉 "イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹、学名:Ginkgo biloba)は世界古来の樹木の一つであり、秋季には美しい紅葉を見せる。イチョウ科の植物は中生代から新生代にかけて世界的に繁栄した後、その多くは氷河期に絶滅した。現在のイチョウは唯一現存する種であり、「生きる化石」としてレッドリストの絶滅危惧 IB 類に指定されている。" 版画作家である Ginkgo Sisters(ギンコシスターズ)が魅力を感じたのは、ひとつとして同じ形が存在しないイチョウの葉型・葉脈の多様性と芸術性。イチョウの葉が持つ固有の切れ目や形状の種類には際限が無い。それらの個性的なイチョウを忠実に写し取るべく、「葉拓」と呼ばれる技法を用いて転写。そして、特に希少性や芸術性が高いものを葉拓作品や植物標本として発表している。 「THE BOTANIC GARDENS」 【会期】2019年5月15日(水)〜6月4日(火) 【会場】伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内 “ART UP” コラム | 20view クリエイター展「haconiwa creators exhibition 2019」 クリエイター展「haconiwa creators exhibition 2019」 コクヨ株式会社は、RIDE MEDIA&DESIGN株式会社が運営するWEBマガジン「haconiwa」と共同で、クリエイター展「haconiwa creators exhibition 2019」を5月25日(土)、26日(日)の2日間、コクヨが運営するライフスタイルショップ「THINK OF THINGS」にて開催します。 本展は「”貼る“行為をより豊かで創造的な行為にしたい」と考えるコクヨの接着用品のシリーズ「GLOO」と、 「クリエイターをたくさんの方々とつなげたい。そして面白い化学変化を起こし、みんなの日常をクリエイティブで楽しい世界にしたい。」という想いでhaconiwaがはじめたクリエイタープロジェクト「hacniwa creators」が、お互いのコンセプトに賛同したことがきっかけで実施されます。 「haconiwa creators exhibition 2019」では、幸せの象徴の数字ともされる「7」をテーマに掲げ、デザイナーやイラストレーター、フォトグラファーなど、様々なジャンルで活躍するhaconiwa creatorsのクリエイター14名の新作を展示します。クリエイターが交わり、重なり、新しい発展へと繋がることを期待し、それぞれの作品を集結したインスタレーションの展示やグッズも制作しました。 haconiwa creators exhibition 2019 開催概要 会期 2019年5月25日(土)~5月26日(日) 時間 11:00~18:00 (※最終日は17:00まで) 会場 THINK OF THINGS 2階 多目的スペース「TOT STUDIO」 住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1(JR原宿駅竹下口より徒歩3分) 入場料 無料 共催 haconiwa(RIDE MEDIA&DESIGN株式会社)、コクヨ株式会社 イベントの詳細は、下記ホームページでご確認ください。 http://www.haconiwa-mag.com/works/2019/05/haconiwacreators_exhibition/ ご参考 ◆出展者 ※順不同、敬称略 落合晴香(イラストレーター)/そで山かほ子(イラストレーター)/YURI MIYATA(デザイナー・アクセサリー作家)/iriki渡邉悠子(イラスト・木工作家)/辰巳菜穂(イラストレーター)/さかのまどか(インテリアスタイリスト)/小林麻里奈(カメラマン)/鈴木優香(デザイナー)/nūto saw fig(刺繍クリエイター)/あまのさくや(絵はんこ作家)/BLUEPOND(デザイナー・作り手)/吉家千陽(絵本作家/ブックデザイナー)/てらおかなつみ(イラストレーター)/井上麻那巳(アートディレクター・デザイナー) ◆全員が新作発表!展示とインスタレーション 参加クリエイター全員が、本展テーマ「7」をイメージした新作を展示します。 コクヨの接着・粘着用品の新ブランド「GLOO(グルー)」を使用し、それぞれの作品を結集させたインスタレーションもお見逃しなく。 ◆スペシャルグッズ販売 原画をもとにポストカード12種を制作しました! 本展のビジュアルで制作した豪華箔押しBOXパックは、haconiwaイチオシ作品です。 12枚のポストカード入りスペシャルBOXパック:2,500円(税込) お好きなポストカード3枚セット:500円(税込) また、原画を含む展示作品は一部を除き購入が可能です。 ◆コクヨ「GLOO」でつくるワークショップ 展示場では随時参加型で、ポストカードサイズの紙袋を制作するワークショップを開催します。 参加者には、コクヨ「GLOO(グルー)」のスティックのりをプレゼント。 「haconiwa」とは RIDE MEDIA&DESGIN株式会社のWEBメディア&プランナーチーム 「世の中のクリエティブを見つける、届ける」をコンセプトに、発信と制作をメインに活動しています。 http://www.haconiwa-mag.com/ 「GLOO(グルー)」とは 「“貼る”ってこんなに変われる」をコンセプトに、コクヨとデザイナー佐藤 オオキ氏が率いるデザインオフィス「nendo(ネンド)」の協業によって生まれた接着・粘着用品の新ブランド。 https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/gloo/ コクヨからのメッセージ 「『“貼る”ってこんなに変われる』というメッセージをもとに文具(=接着用品)をクリイティブに使ってもらうことの楽しさやすばらしさをクリエイターのみなさんがインスタレーションで表現してくださっているので、そのクリエイターさんたちの活動をサポートしたい!ということがこの共催の根本にあります。みなさま、ぜひ足を運んで、クリエイターさんたちの作品をお楽しみください。」 コラム | 22view 全国のかわいい猫写真、大募集‼「ねこがかわいいだけ展」全国4会場で開催 全国のかわいい猫写真、大募集‼「ねこがかわいいだけ展」全国4会場で開催 ニヤニヤしましょ。かわいい猫の写真を愛でる写真&グッズ展の開催が決定しました!それは、猫好きによる猫好きのための究極の“にやにや空間”です。全国から集まった“たまらん”猫写真を多数展示します。暑い毎日、忙しい毎日、疲れる毎日、この展覧会はあなたの心の肉球になります。そこで、会場に展示する写真を皆さんから募集します!皆様から集めたかわいすぎる猫の写真をたくさん展示します。猫に包まれるしゃーわせな空間をお楽しみに! 下記の公式ホームページから皆様のかわいい猫写真をご応募ください。 https://nekogakawaii.com/ (投稿写真情報) ・タイトル ・ねこのお名前 ※猫が複数写っている場合は左から順に記入 ・テーマの選択 ・展示の際に表示する応募者のお名前 ※本名でなくても可 ・写真についてのコメント ・ねこ写真データ ※推奨ファイル形式 JPEG/TIFF (応募者情報) ・お名前 ・ふりがな ・郵便番号 ・ご住所 ※採用の際はこちらに招待券をお送りします ・メールアドレス ・個人情報の取り扱いについての同意 (テーマ) ・あぁ、幸せ… ・家族っていいな ・きもちい~ ・怒ってるんだから! ・哀しい気分の日もあるし ・眠いんだってば ・ここが好きなんだもん ・仔猫がかわいいだけ ・ブサかわナンデス ・イケメン&美女ナンデス ・ヤンキーじゃねぇよ! ・おやつだいすき! ・その他 各地開催情報 東京・渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール    2019.8.15(木)∼9.10(火) 大阪・ナレッジキャピタル イベントラボ(グランフロント大阪 北館)    2019.7.20(土)∼9.17(火) 新潟・万代シルバーホテルビル2F    2019.7.20(土)∼9.8(日) 長崎・佐世保市博物館島瀬美術センター    2019.7.24(水)∼9.1(日) 《チケット料金》 前売券=600円(税込)/前売限定【猫グッズ】付チケット=1500円 当日券=800円(税込) 発売日 5月15日 午前10時から ※日テレゼロチケ/イープラス/ぴあ/ローソンチケットで発売中 《展覧会で展示するカメラマンと猫アートのクリエイター》 ・アストリッド・ハリソン(「世界で一番美しい猫の図鑑」) 2008年初めにアルゼンチン北西部の高地にある牧場で働きながら動物の写真を撮り始める。 その後、アメリカやアンデス山脈のふもと、キューバ、スイス、モザンビーク、アイスランド、地中海に浮かぶミノルカ島など、世界各地の風景や動物を写真に収めている。 ・沖 昌之(「必死すぎるネコ」) 1978年兵庫県神戸市生まれ、猫写真家。アパレルに勤務し、宣伝用人物・商品の撮影担当を経て2015年4月に独立。昼夜問わず猫らしい瞬間をひたすら撮り続ける。猫写真絵本『にゃんこ相撲 下町編』(大空出版)/猫写真集『明日はきっとうまくいく』(朝日新聞出版)/猫写真集『残念すぎるネコ』(大和書房)/猫写真集『必死すぎるネコ』(辰巳出版)/猫写真集『ぶさにゃん』(新潮社) ・久方広之(「のら猫拳」) 九州在住の猫写真家。猫じゃらしを使った撮影を得意とする。年間10万枚以上撮影した画像から厳選して写真を公開、まるで拳法やダンスしているかのような猫の写真がSNSで話題となる。海外でも「NINJA CAT」として紹介され人気を得ている。写真集だけでなく雑誌やグッズへの写真提供も行っている。 写真集「のら猫拳」「のら猫拳キッズ」出版後、猫のアクション撮影技法をまとめた「ねこ拳撮影術」を出版。現在は撮影だけでなく講演活動も精力的に行っている。 ・島田紘一呂(彫刻) 1944年 東京都生まれ、現在 二科展彫刻部理事 練馬区立美術家協会会長 二科展特選(1967年)、多摩美術大学大学院彫刻家修了(1970年)、ユーゴスラビア国際彫刻シンポジウム木彫部門招待(1974年)、銀座・ギャラリー一枚の繪で個展(2010年、以後‘13 ‘14 ‘16 ‘17 ‘18開催)、二科展第95回記念大賞(2010年)、二科展文部科学大臣賞(2012年)、練馬区立美術館美術の森緑地に作品設置(2014年)、公募団体ベストセレクション展出品(2016年)、日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」出演(2019年)ブログ名:島田紘一呂 木彫の猫たち ・高木亮(切絵) お話も作るきりえ画家。1971年香川県生まれ。神奈川県川崎市在住。 ポストカードやカレンダー等グッズ制作、個展や各種メディアを通じて作品を発表。叙情的風景からひねりの利いたパロディ作品まで、多岐に渡る作品中に通底するのは「かわいくて、おかしくて、少しだけ寂しい」世界。著書「ねこ切り絵」「12か月のねこ切り絵」(誠文堂新光社)、「画文集ユメとバルーン」シリーズ(ビーナイス)他 ・中山みどり(フェルト) 愛知県常滑市生まれ。武蔵野美術大学日本画学科卒業後、2001年より羊毛による制作を始め、独自にフェルトアートの世界を開拓。愛犬をリアルに作るフェルトアートがメディアで話題になる。全国で個展やワークショプを開催している。 一般社団法人フェルトアート協会代表理事。 コラム | 37view 新宿のフォトギャラリー「シリウス」にて作品展示が出来るチャンス!若手写真家支援プロジェクト「プロキオン・フォース」作品募集中 新宿のフォトギャラリー「シリウス」にて作品展示が出来るチャンス!若手写真家支援プロジェクト「プロキオン・フォース」作品募集中 株式会社アイデムが運営するフォトギャラリー「シリウス」は、若手写真家を対象とした支援プロジェクト「プロキオン・フォース」の応募受付を開始しました。受付は2019年9月30日(月)までで、審査を通過した写真家の方々には2020年7月~8月の内、6日間の写真展を開催する権利が付与されます。 ■アイデムフォトギャラリー「シリウス」について 2001年9月に写真専用ギャラリーとしてオープン。より多くの方に発表の場を提供し、写真のすばらしさに触れていただくことをテーマに開設。写真作品のための最適な環境を念頭において、専用の設計を施しています。ギャラリー名の「シリウス」は星空で最も明るく輝く星座おおいぬ座の首星にちなんでつけられています。開館以来、国内外の様々なジャンルの作品展を開催しています。 アクセス:〒160-0022 東京都新宿区新宿1-4-10アイデム本社ビル2F 東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」徒歩2分 ■「プロキオン・フォース」とは 創作意欲あふれる若手写真家に、作品発表の場として当ギャラリーの写真展枠などを提供する支援プロジェクトです。2014年より開始し、今までに18名の方々が審査を通過、写真展開催が決定しています。「プロキオン」は、ギャラリー名の由来ともなった「シリウス」と共に“冬の大三角形"を形作るこいぬ座の一等星。「フォース」はギリシャ語で「光・輝き」の意。 若手写真家の方々に、「シリウス」と共に夜空に光り輝く新しい光になっていただきたいという思いが込められています。 --------------------------------------------------------------------------------------- <「プロキオン・フォース」募集概要> 【応募資格】 年齢39歳以下の方で、様々な写真表現に挑戦されている方 ※プロ・アマ不問 ※グループ(展示者全員が39歳以下)としての応募も可 発表、未発表問わず40点以上の作品が発表可能な方(テーマは自由) ※応募者の中から当ギャラリー運営委員にて審査を行い、表現力が豊か で写真技術に優れている方もしくはグループを支援いたします。 【支援内容】 当ギャラリーでの写真展開催(6日間) ※展示方法は当ギャラリー規程による、詳細は応相談 ※写真プリント代は出展者負担 写真展DM製作費 写真展ネットリリースの配信 【日程】 応募締切:2019年9月30日(月) ※審査結果は2019年10月末に通知 写真展:2020年7月~8月開催予定 応募受付、審査は半年毎に実施いたします。 ※「プロキオン・フォース」の詳細は、こちらのURLからもご覧いただけます。 https://www.photo-sirius.net/procyonphos/ コラム | 19view ニコンプラザ新宿・ニコンプラザ大阪THE GALLERY 企画展/高砂淳二写真展「PLANET of WATER」 ニコンプラザ新宿・ニコンプラザ大阪THE GALLERY 企画展/高砂淳二写真展「PLANET of WATER」 株式会社ニコンイメージングジャパンは、ニコンプラザ新宿・ニコンプラザ大阪の写真展会場「THE GALLERY」にて、高砂淳二写真展「PLANET of WATER」が2019年6月4日(火)から開催されます。 ■作家のコメント 青く美しく輝く、宇宙のオアシスのような惑星 “地球”。地球の2/3を被う水は、海水、雲、雨、雪、氷と形を変えながら循環し、地球に暮らす僕ら動植物の命を育んでくれています。 南極の巨大氷山から、轟音とともに流れ落ちる瀑布、うねる海水、熱帯雨林に降り注ぐ豊かな雨……。そして、そんな水を味方につけて悠々と泳ぐクジラ、雪に守られて暮らすホッキョクグマ、しっとりと嬉しそうな鳥や植物たち……。美しい水の惑星の姿を、極地から熱帯まで追い求めてまとめたのが、最新作「PLANET of WATER」です。 僕ら人間の体の約2/3は水でできていて、いつも地球の水が入れ替わっています。地球と、そこで暮らす僕ら生き物にとって、地球上の水は自分の体液と同じであり、地球と僕らは一心同体なのだ、ということを、肌で感じていただければ幸いです。(高砂淳二) 写真展の開催にあわせ、写真集「PLANET of WATER」(日経ナショナルジオグラフィック社)の発売を予定しています。 ■作家プロフィール 高砂 淳二(たかさご じゅんじ) 写真家。1962年、宮城県石巻市生まれ。 ダイビング専門誌の専属カメラマンを経て1989年に独立。世界中の国々を訪れ、海の中から生き物、虹、風景、星空まで、地球全体をフィールドに撮影活動を続けている。 「Dear Earth」「night rainbow ~祝福の虹」「Light on Life」「ASTRA」「夜の虹の向こうへ」「虹の星」「free」「BLUE」「life」「そら色の夢」「クジラの見る夢 ~ジャックマイヨールとの海の日々~」ほか著書多数。 ザルツブルグ博物館、ニコンThe Gallery、東京ミッドタウンフジフイルムスクエア、渋谷パルコ、阪急百貨店、大阪大丸百貨店、コニカミノルタプラザなど、写真展多数開催。 TBS「情熱大陸」日本テレビ「未来シアター」をはじめ、テレビ・ラジオに多数出演。 自然の大切さ、自然と人間の関係性などを、トークショーやメディアを通して幅広く伝え続けている。海の環境NPO法人“OWS(Oceanic wildlife society)”理事 --------------------------------------------------------------------------------------- <展示概要> THE GALLERY 企画展  高砂淳二写真展「PLANET of WATER」 □会場 ニコンプラザ新宿 THE GALLERY1+2、ニコンプラザ大阪 THE GALLERY □開催期間 新宿:2019年6月4日(火)~6月24日(月) ※日曜休館 大阪:2019年7月18日(木)~7月31日(水) ※日曜休館 □開館時間 10時30分~18時30分(最終日は15時まで) □トークイベント ニコンプラザ新宿 THE GALLERY 1+2 2019年 6月 8日(土) 14時~15時 2019年 6月15日(土) 14時~15時 2019年 6月22日(土) 14時~15時 ニコンプラザ大阪 THE GALLERY 2019年 7月20日(土) 14時~15時 2019年 7月27日(土) 14時~15時 ※申込不要・参加費無料 詳細URL https://www.nikon-image.com/activity/exhibition/thegallery/events/201706/20190604.html コラム | 18view 「COCHAEの絵付伝承折紙」国立新美術館内ミュージアムショップ・スーベニアフロムトーキョーにて5月15日(水)より開催 「COCHAEの絵付伝承折紙」国立新美術館内ミュージアムショップ・スーベニアフロムトーキョーにて5月15日(水)より開催 東京・六本木の国立新美術館内にあるミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」のSFT GALLERYにて、2019年5月15日(水)から7月22日(月)まで、「伝承折紙」をテーマにしたCOCHAE(コチャエ)の作品を展示販売するギャラリーを開催いたします。 COCHAEは、“あそびのデザイン”をテーマに活動する軸原ヨウスケ、武田美貴によるデザイン・ユニット。今までも伝承折紙にいろいろな絵を付けてきたCOCHAEがまた新たな生命を吹き込み、子どもも大人も楽しめる折紙へと生まれ変わらせます。 ■SFT GALLERYとは スーベニアフロムトーキョーに併設されたギャラリー。スーベニアフロムトーキョーが選んだ若手アーティストやデザイナーの作品、購入して持ち帰り、身近に楽しむことのできるプロダクトなどを紹介しています。 ■COCHAE(コチャエ)とは “あそびのデザイン”をテーマに活動する軸原ヨウスケ、武田美貴によるデザイン・ユニット。2003年、「折紙をもっとポップに!」をキーワードにグラフィック折紙を制作。現在は新しい視点を持った玩具や雑貨の開発、出版企画、商品企画、展示など幅広い活動を行っている。 折り紙パズル「ファニーフェイスカード」が日本グッドデザイン賞(Gマーク)2008受賞。著書に『折りCA』(青幻舎)シリーズ、『妖怪おりがみ』(講談社)など多数。『猫のパラパラブックス』(青幻舎)で造本装幀コンクール2013審査員奨励賞、『トントン紙ずもう』(コクヨWORK×CREATE)がグッドトイ2013選定。「kokeshi book 伝統こけしのデザイン」(青幻舎)などの写真集の企画・編集・デザインも手がける。 ■スーベニアフロムトーキョー 漫画からアートブック、工芸品から若手デザイナーの作品まで、知名度やジャンルにとらわれることなく、東京的視点で新しいデザインやアートをお届けしています。 住所:106-8558 東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館1F, B1 TEL:03-6812-9933 営業時間:10:00 - 18:00(国立新美術館の開館時間に準じます)*毎週金・土曜日は20:00まで。(ただし、7月 - 9月は21:00まで) 定休日:毎週火曜日(祝日又は休日に当たる場合は営業し、翌日休み) WEB:https://www.souvenirfromtokyo.jp/ --------------------------------------------------------------------------------------- <展示概要> タイトル:COCHAEの絵付伝承折紙 開催期間:2019年5月15日(水) - 7月22日(月) 開催場所:国立新美術館 B1 スーベニアフロムトーキョー SFT GALLERY 営業時間:10:00 - 18:00(国立新美術館の開館時間に準じます) *毎週金・土曜日:6月は20:00まで、7月は21:00まで。 定休日:毎週火曜日(祝日又は休日に当たる場合は営業し、翌日休み) 会期中のお客様お問い合わせ先:03-6812-9933(スーベニアフロムトーキョー) 詳細URL:https://www.souvenirfromtokyo.jp/gallery/2019#cochae コラム | 19view 写真展「ケンコー・的なー」5/20~6/15まで、中野ケンコー・トキナーにて開催! 写真展「ケンコー・的なー」5/20~6/15まで、中野ケンコー・トキナーにて開催! KT中野ビル2階サービスショップ内のミニギャラリーでは、随時写真展を開催しています。写真展の第36弾として、5月20日(月)から6月15(土)に、ジェットダイスケ・一葉・ヲヤマユースケの三氏によるグループ写真展「ケンコー・的なー」を開催いたします。 A4額にポストカードサイズプリント15点を展示。6月2日に展示作品入れ替えを行い、期間中に全30点をご覧いただけます。 作品内容は各氏がレンズベビーやトキナーレンズ、ケンコーブラックミストNo.1フィルターやコッキン高濃度NDフィルター、LED照明の「Lume CUBE」など、ケンコー・トキナー製品を使用して撮影した写真を展示いたします。 ジェットダイスケ 作品 一葉 作品 ヲヤマユースケ 作品 概要 場所 〒164-8616 東京都中野区中野5-68-10 KT中野ビル2F ケンコー・トキナーサービスショップ ミニギャラリー 期間 2019年5月20日(月)~2019年6月15日(土) 第一部5月20日(月)~6月1日(土) 第二部6月3日(月)~6月15日(土) 時間 11:00~19:00 その他臨時休業等はこちらでご確認ください。 https://www.kenko-tokina.co.jp/service-shop/ JR中央線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩7分 西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩15分 ※駐車場はございませんので、公共の交通機関あるいは周辺のコインパーキングをご利用ください。 出展者 ジェットダイスケ 大阪芸術大学に在学中の90年代半ばよりビデオアート系の映像作家として活動開始。 1994年東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 コンテスト部門初代グランプリ入賞、2009年にはアルファブロガーアワード受賞するなど国内外にて受賞歴・上映歴。 日本で最初の動画レビュアーとして知られ、チャンネル創設以来YouTubeの発展に貢献。 著書に「YouTubeで食べていく」 一葉 東京生まれの都内在住。学生時代は美術部に所属。アジャイルメディア・ネットワーク株式会社でソーシャルメディアデータ分析をメイン業務とする傍ら、企業SNSコンテンツ用の商品撮影や、社員のプロフィール写真撮影なども行っている。 ガジェットや写真、映画など、趣味についてのブログをのんびり運営中。 http://tunakko.net/ ヲヤマユースケ 1976年 広島県出身 都内在住の一般会社員。音楽仲間のライブ撮影を手伝ったのがキッカケでカメラや写真撮影に興味を持つ。ブログやSNSを介して知り合ったカメラ好きの友人とフォトウォークに行くなどをして写真撮影を楽しんでいる。 https://about.me/usklog コラム | 17view  6月5日(ロゴの日)2人のデザイナーによる「LOGOロゴ展」を東京・茅場町で開催! 6月5日(ロゴの日)2人のデザイナーによる「LOGOロゴ展」を東京・茅場町で開催! ロゴデザイン制作を軸としたブランディング支援事業「DONUT DESIGN」を行う株式会社ドーナッツカンパニーは、 MARKLE DESIGNと共催で、令和最初のロゴの日である2019年6月5日(水)〜12日(水)、 「LOGOロゴ展」をペーパーボイス東京にて行います。 「LOGOロゴ展」は、ロゴをデザインすることが大好きな2人のデザイナー、武井衛(MARKLE DESIGN)、遠島啓介(DONUT DESIGN)による作品展。 2人のこれまでのロゴやCI/VIに関するデザインワークの展示を6月5日(ロゴの日!)からペーパーボイス東京で行います。 展示では、ロゴデザインのみでなく、そのコンセプトや制作の背景などもあわせて紹介していきます。 デザインを学ぶ方や、ロゴはどのようにつくられているのかに興味がある方におすすめです。 数多くのロゴとともにお待ちしております。ぜひご来場ください。 開催概要 イベント名 「LOGOロゴ展」〜ふたりのロゴ、いろいろ。〜 期間 2019年6月5日(水)〜6月12日(水)※9日(日)は休館 時間 9:00〜17:00 入場料 無料 会場 茅場町「ペーパーボイス東京」東京都中央区新川1-22-11 6月8日(土)にはトークイベントを開催予定 「LOGOロゴ展」公式サイト https://logologoten.com/ 主催 MARKLE DESIGN DONUT DESIGN(株式会社ドーナッツカンパニー) 協力 平和紙業株式会社 コラム | 27view コスモプラネタリウム渋谷 スペシャルプログラム「渋谷で星と音楽と」5月開催チケットプレゼント コスモプラネタリウム渋谷 スペシャルプログラム「渋谷で星と音楽と」5月開催チケットプレゼント 株式会社グライダーアソシエイツが運営するキュレーションアプリantenna* [アンテナ]は、渋谷区文化総合センター大和田内にあるプラネタリウム「コスモプラネタリウム渋谷」で開催する、特別なプログラム「渋谷で星と音楽と」に特別協力しています。5月23日(木)開催の「次の恋を考えてみる」のチケットを抽選で各回5組10名にプレゼントします。 コスモプラネタリウム渋谷 チケットプレゼント情報はこちら https://antenna.jp/articles/8302447 ■スペシャルプログラム「渋谷で星と音楽と」とは ぬくもりのある音楽と季節の星の物語を、毎回、テーマに沿ってお届けするスペシャルプログラム。目まぐるしく動く都会の日常へ、コスモプラネタリウム渋谷が癒しの時間をご提供します。音楽は、渋谷の街らしく新しいスタイルの女性シンガーソングライターをメインに、ミニライブなども行いながら、様々なメディアとも連携、新しいヒーリングスポットを作っていきます。 開演時間: 19時(40分間) 料金: 大人600円 小・中学生300円 選曲テーマ: 5月23日(木) 次の恋を考えてみる *選曲テーマは、予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了解ください。 コスモプラネタリウム渋谷 協力: キュレーションアプリ「antenna* 」 ■チケットプレゼントキャンペーンについて 内容:コスモプラネタリウム渋谷「渋谷で星と音楽と」 チケットプレゼント 開催日時:2019年5月23日(木) 19:00(40分間) 応募締切:2019年5月8日(水) 23:59まで 当選者数:5組10名 当選発表:ご応募いただいた方の中から厳正なる抽選を行い、当選者を決定いたします。当選者の方への商品の発送をもって、発表に代えさせていただきます。 チケットプレゼント情報はこちら https://antenna.jp/articles/8302447 (シンガーソングライターSETAの音楽を使用したイベント紹介ムービーをantenna* で公開中) ■コスモプラネタリウム渋谷とは 渋谷で宇宙をひとりじめ。駅から徒歩5分、26万5千個の美しい星空に出逢えます。多彩な映像番組をそろえ、星々の神秘を個性豊かな解説員が毎回心をこめてお届けします。ドームは直径17m、プラネタリウムシステムはコニカミノルタプラネタリウムジェミニスターⅢを採用。ご家族で、カップルで、お一人で、ゆったりとした時間をお過ごしください。 antenna* アンテナ スマートフォンアプリantenna* は、「ココロうごく。キッカケとどく。」を掲げ、いま気になる情報をまとめて楽しめるキュレーションサービス。さまざまなジャンルの提携メディアから受け取る一日約1,500ものコンテンツに社内スタッフが目を通し、さまざまな切り口の”特集”(=記事まとめ)に整理して展開。毎日、約200〜300の旬なコンテンツを配信しています。 東京での生活をより楽しんでもらいたい、より豊かな体験をしてもらいたいという思いを込め、ユーザーの「TOKYO* LIFE」に役立つ上質なコンテンツのキュレーションを心がけています。 antenna* アプリダウンロードはこちら https://antenna.onelink.me/2946886130/ecc74879 antenna* ブラウザ版はこちら https://antenna.jp/ 株式会社グライダーアソシエイツ 株式会社グライダーアソシエイツ 会社概要 社名:株式会社グライダーアソシエイツ 本社:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー35F URL:https://www.glider-associates.com/ 設立:2012年2月6日 代表者:代表取締役社長 杉本哲哉 事業内容:antenna* の企画、運営 広告・プロモーション事業、各種インターネットメディアの企画、 開発 コンテンツマーケットプレイスの企画、開発 コラム | 14view 広島県尾道市の魅力を発信~「尾道イーハトーヴ猫祭り2019フォトコンテスト」開催 広島県尾道市の魅力を発信~「尾道イーハトーヴ猫祭り2019フォトコンテスト」開催 パナソニック株式会社の写真・動画コミュニティ「LUMIX CLUB PicMate」は、2019年4月24日(水)~8月1日(木)までの期間、「尾道イーハトーヴ猫祭り2019フォトコンテスト」を開催し、「広島県尾道市の魅力が伝わる」写真を募集します。 ▼尾道イーハトーヴ 猫祭り2019フォトコンテスト https://lumixclub.panasonic.net/smart/contest/ihatov.in_19/ 尾道イーハトーヴ猫祭り2018入賞作品1 「LUMIX CLUB PicMate」では写真・動画を通じて、地域の魅力発信や共通の趣味を持つ人々の交流促進に取り組んでいます。本フォトコンテストは、今年で6回目を迎える「尾道イーハトーヴ 猫祭り」との連動企画として、広島県尾道市の複数の古民家からなる、アート・町・人をつなぐ、独自の感性で創造された空間「尾道イーハトーヴ」とのコラボレーションならびに、尾道市、一般社団法人 尾道観光協会の後援により実現しました。 尾道イーハトーヴ猫祭り2018入賞作品2 本フォトコンテスト期間中の2019年5月3日(金)~4日(土)には、会場内に「ほっと一息、フォト体験」と題したカフェをオープンし、パナソニックのミラーレス一眼カメラLUMIXの無料体験コーナーを設置します。また、写真家 佐藤仁重氏によるLUMIX撮影会や、日本一のバリスタ 土井克朗氏(UCCコーヒーアカデミー講師)のコーヒーを味わいながら、高級オーディオ「テクニクス」から流れる高品位な音楽をお楽しみいただける企画でイベントを盛り上げます。 尾道イーハトーヴ猫祭り2018入賞作品3 また、2019年10月以降、東京・丸の内「LUMIX CLUB PicMate PHOTO GALLERY」や尾道市において、入賞作品による写真展の開催を予定しています。この機会にぜひ、広島県尾道市を訪れてみてはいかがでしょうか。尾道市の魅力、猫の魅力が詰まった作品のご応募をお待ちしております。 尾道イーハトーヴ猫祭り2018入賞作品4 ▼尾道イーハトーヴ 猫祭り2019フォトコンテスト https://lumixclub.panasonic.net/smart/contest/ihatov.in_19/ ■フォトコンテスト 概要 ●応募内容 ・募集テーマ:広島県尾道市の魅力が伝わる写真 ・応募期間:2019年4月24日(水)~2019年8月1日(木)午前10時まで ・撮影機種:撮影機種・機材など、条件は問いません。 ・応募資格:LUMIX CLUB PicMate会員であること。  (CLUB Panasonic会員でLUMIX CLUB PicMate利用規約に同意された方)  日本国内にお住まいの方。 ・応募方法:LUMIX CLUB PicMateのサービスから写真をアップロードして応募いただきます。 ・応募枚数:一人5作品まで ※応募作品は同一作品が他のコンテストなどに応募されていないものに限ります。 ※入賞作品は写真パネルにする場合もありますので、できる限り高画質な写真を投稿してください。 ・審査員:写真家 佐藤仁重氏 ・賞と賞品: 【尾道イーハトーヴ 園山春二 特別賞】(1名):LUMIX GF90W(DC-GF90W)  ※「尾道イーハトーヴ 猫祭り2019」の様子を撮影した作品の中から選定します。 【LUMIX特別賞】(1名):LUMIX FT7(DC-FT7)  ※LUMIXで撮影された尾道市の魅力を伝える作品の中から選定します。 【金賞】(1名):CLUB Panasonicコイン 20,000コイン 【銀賞】(5名):CLUB Panasonicコイン 3,000コイン 【銅賞】(10名):CLUB Panasonicコイン 2,000コイン  ※金賞、銀賞、銅賞はすべての応募作品の中から選定します。 ・「CLUB Panasonicコイン」とは、「1コイン=1円分」として貯められ、提携企業のポイントやマイルに交換できるお得なサービスです。 http://club.panasonic.jp/coin/guide/index.html ・結果発表:LUMIX CLUB PicMate上にて、2019年9月下旬以降に発表・掲載します。  (※スケジュールは予告なく変更となる場合があります。) ・賞品の発送:賞品の発送および、CLUB Panasonicコインの付与は、2019年11月下旬を予定しています。 「CLUB Panasonicコイン」とは、「1コイン=1円分」として貯められ、提携企業のポイントやマイルに交換できるお得なサービスです。 http://club.panasonic.jp/coin/guide/index.html ※賞品は予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。 ※賞品の色はお選びいただけません。 応募要項や審査の流れなど、詳しくは下記をご参照ください。 ▼尾道イーハトーヴ 猫祭り2019フォトコンテスト https://lumixclub.panasonic.net/smart/contest/ihatov.in_19/ ※対応環境:Windows:IE10以上、Chrome、Firefox/MacOS:Safari、Chrome、Firefox ※スマートフォン・タブレットにも対応しています。 ■「ほっと一息、フォト体験」パナソニックカフェオープン 場所:尾道イーハトーブ内 猫祭り開催期間中(2019年5月3日(金)~4日)、パナソニックのミラーレス一眼カメラ「LUMIX」、高級オーディオ「テクニクス」が体感できます。 【お問い合わせ】 LUMIX CLUB PicMateまで http://lumixclub.panasonic.net/jpn/c/lumix_spn_inquiries/ <関連情報> ■第6回「尾道イーハトーヴ 猫祭り2019」 鯉のぼりが泳ぐゴールデンウィークの2日間、尾道イーハトーヴが猫の国へと変身します。猫祭りは基本、猫のメイクをしていない方は尾道イーハトーヴ内の施設に入れないルールになっています。プロのボディーペイントアーティストさんが素敵な猫メイクをみなさんのお顔にペイントしてくれます。そのほか自分でも簡単にできる猫メイクコーナーも各所設置予定!さらに当日は猫にまつわるたくさんの猫イベントをご用意しています! 開催日:2019年5月3日(金)、4日(土)の2日間 場 所:尾道イーハトーヴ全館 住 所:広島県尾道市東土堂町19-27 ・尾道イーハトーヴ 猫祭り / 特設サイト http://ihatov.in/kattenstoet/ ・尾道イーハトーヴ 猫祭り / 公式Facebookページ https://www.facebook.com/kattenstoet/ ■尾道イーハトーヴ 1997年より、絵師 園山春二が古民家、廃屋を館(シャトー)としてリニューアルし続け、尾道にイーハトーヴ(理想郷)を形成しています。 http://ihatov.in/ihatov/ ■絵師 園山春二氏 1944年1月1日パリ生まれ。アンコールワット展 文化功労賞授与(1968年)、大阪万博プロデュース(1970年)、尾道イーハトーヴ主催(1997年)を経て、尾道活性化のために挑戦をし続けています。 http://ihatov.in/sonoyama/ ■尾道市 緑豊かな丘陵地域、箱庭のようなまち並み、多島美の広がるしまなみ海道など、多彩な風土を持つ瀬戸内の十字路。 https://www.city.onomichi.hiroshima.jp/ ■一般社団法人 尾道観光協会 尾道を訪れた皆さまが、しまなみ海道、やまなみ街道に回遊いただけるような事業を展開することで、地元により一層の経済効果を生み出すことを目的に活動しています。 http://www.ononavi.jp/index.html ■写真家 佐藤仁重氏 女子美術短期大学造形科卒。日本写真家協会会員。全日本写真連盟関東本部委員。女性だけの写真教室主宰。写真集「THE BIG APPLE」(日本カメラ社)、「紐育(ニューヨーク)の休日」(朝日新聞社)。イベント講師ほか各種写真誌で審査・原稿執筆・作品発表。個展多数。 http://www.ne.jp/asahi/kaiseido/photo/ ■バリスタ 土井克朗氏 UCCコーヒーアカデミー講師。「ジャパン ハンドドリップ チャンピオンシップ」2014年チャンピオン。「おいしい珈琲を皆様にご提供することを第一義として考えています。」 http://www.ucc.co.jp/academy/index.php ■LUMIX CLUB PicMate(ルミックスクラブ ピックメート) 「映像で地域を元気に。」ユーザー参加型のフォトコンテストなどのイベントを通じて、日本の地域ごとの魅力発信および、日本の写真・映像文化の進展に寄与していきます。 https://lumixclub.panasonic.net/jpn/ コラム | 23view 10万円の超豪華金箔本?!京極夏彦・作家生活25周年記念『本革金箔装 姑獲鳥の夏』爆誕! 10万円の超豪華金箔本?!京極夏彦・作家生活25周年記念『本革金箔装 姑獲鳥の夏』爆誕! 講談社より、小説家・京極夏彦氏の作家デビュー25周年を記念し、氏のデビュー作『姑獲鳥の夏』の限定特装版が刊行されます。 金沢の老舗『箔座』とのコラボレーションにより、『本革金箔装 姑獲鳥の夏』は、本革表紙に一冊、一冊総金箔を施した稀少な一品となりました。 数量限定完全受注生産による超コレクターズアイテムとして、三井ショッピングパーク「&mall(アンドモール)」上で、4月20日12時から受注をスタートします。 装幀は京極作品を長年手掛けてきたブックデザイナー坂野公一氏。『姑獲鳥の夏』の作品世界を黒、赤、金のコントラストで表現します。 世界に誇る箔座の技術と日本の伝統文化にも造詣の深い京極夏彦氏の作品の邂逅。黄金の本が誕生します。 詳細はこちら:http://u0u0.net/Tg3C ※デザインはCGモデルとなります。完成品では変更が出る可能性もありますのでご了承ください ■箔座 HAKUZA 世界に誇る伝統の技を守り、国宝や重要文化財などの修復に使われる「伝統金箔・縁付」をつくり続けている。長い歴史と伝統をもつ「金箔」という素材をさまざまな分野における「今の価値」とすることに取り組み、石川県金沢市と東京日本橋でそれぞれテーマショップを展開。 ■ブックデザイナー坂野氏コメント 京極夏彦さんのデビュー作である『姑獲鳥の夏』は、すべての始まりとなったノベルス版刊行後、文庫版やコミックスなど形を変えて数多くのバージョンがリリースされてきました。それらの装幀にも数多く関わらせていただきましたが、今回決定版とも言える一冊のデザイナーとして、ご指名をいただきました。 それが『箔座』とのコラボレーションによる限定特装版。「姑獲鳥の夏 ゴールド」とでも呼ぶべき特別な一冊です。 「本を金箔で覆う」とはどういうことだろうか。それを収める箱はどうあるべきだろうか。黄金に輝く本を発想の起点としてさまざまなデザインストーリーが浮かび上がるなか、 黒には、闇 赤には、姑獲鳥 金には、児 のイメージをなぞらえる。つまり「姑獲鳥」自体を体現する装幀こそが最適解と考え、デザインをまとめました。 金色に輝く児を母胎から取りあげるが如く、この黄金の本を母胎にも棺にも感じられる箱の中から取り出すことで、『姑獲鳥の夏』が刊行された25年前の晩夏に思いを馳せつつ重層的な産声を感じる──そんな体験を伴う装幀になればとの思いを込めて。 ■プロフィール 京極夏彦(きょうごく・なつひこ) 1963年北海道生まれ。'94年『姑獲鳥の夏』(講談社ノベルス)でデビュー。'96年『魍魎の匣』で第49回日本推理作家協会賞長編部門賞受賞。'97年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花賞、2003年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、'04年『後巷説百物語』で第130回直木賞、'11年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞受賞。近著に『虚談』『ヒトごろし』などがある。 坂野公一(さかの・こういち) 1970年兵庫県生まれ。神戸芸術工科大学 芸術工学部 視覚情報デザイン学科卒業。SONY株式会社、杉浦康平プラスアイズ勤務を経て、2003年に独立し、welle designを設立。装幀を手がけた書籍は1500冊を超える。 コラム | 18view ゆる~っとかわいいイラストで”癒し”の恐竜♪4コマ図鑑シリーズ第3弾「ゆるゆる恐竜図鑑」4月24日発売 ゆる~っとかわいいイラストで”癒し”の恐竜♪4コマ図鑑シリーズ第3弾「ゆるゆる恐竜図鑑」4月24日発売 株式会社 学研ホールディングスより、2019年4月24日(水)に『ゆるゆる恐竜図鑑』が発売されました。 60種以上の恐竜のプロフィールや生態がゆるゆる4コマまんがで楽しめる! もちろん、同じ時代に生きていた海と空の爬虫類もしっかり掲載! どうして恐竜は絶滅したの? といった疑問に答えるコラムも充実。 強力なパワーと巨体で獲物に襲いかかるティラノサウルス、3本角と大きなフリルで身を守るトリケラトプス、その巨体はなんと30m以上のスーパーサウルス・・・子供たちの永遠のあこがれ「恐竜」が4コマまんがで大暴れ! クラスの恐竜博士から、恐竜入門者まで、どんな人でも楽しめる納得の情報が満載です! ■ゆるゆるな4コマまんがとしっかり解説で恐竜の世界にご案内 当シリーズの人気の秘密は、だれでも楽しめるゆるゆる4コマまんがとしっかり解説の組み合わせ! 今回は恐竜の生きていた中生代を舞台に60種以上の恐竜たちの生態をオールカラーの4コマまんがとイラストで紹介しています。 好評のしっかり解説も充実! 長年にわたり、図鑑を編集している学研だからこそできる充実の情報で、まんがで動きを観察して、解説を読んで知識を深める。そんな楽しみかたができるのも当シリーズならでは! ■ティラノが!トリケラが! 人気恐竜の生態がしっかりわかる! ティラノサウルスやトリケラトプス、ブラキオサウルスのような大人気な恐竜の生態も4コマまんがで紹介。図鑑の説明文を読むだけではよくわからなかった生態も、動きのある4コマまんがなら、目で見て納得できます。 ■初めて聞くようなマニアックな種も! 有名恐竜だけでなく、マニアックな種類もしっかり掲載! 腕には爪が一本しかないモノニクス、全長わずか20cm!? ムスサウルス、鳥と同じ姿勢で寝ていたメイ、恐竜最短の名前イーなど、大きな図鑑でもあまり取り上げられないような隠れた名恐竜もたっぷり紹介しています。 すでに恐竜に詳しい恐竜博士なお子様にも、きっと新しい発見があるはずです! ■空と海の支配者!翼竜や首長竜たちも登場! プテラノドンといった翼竜、フタバサウルスのような首長竜などは恐竜と同じ時代に生きた爬虫類たちです。恐竜のなかまではないものの、人気者の彼らもこの図鑑には登場します。空で栄えた翼竜、海を支配した首長竜、陸上の王者恐竜、中生代にそれぞれの舞台で活躍した生物が一堂に会します。 ■今作の案内役はハト!? シリーズ1作目の深海生物では深海にすむクラゲちゃん、2作目の危険生物では自身も危険生物のヤドクガエルくんと、シリーズの見どころの一つになっているかわいい案内役ですが、3作目はなんとハトくんです!・・・テーマが恐竜なのに、案内役は鳥? 実は鳥と恐竜には切っても切れないふかーい関係があるのです! この本を読めば、そんな謎もしっかり解説してあります。 ■まんが、イラスト付きのコラムで恐竜や中生代の謎が明らかに! 日本に恐竜はいたの?恐竜はなんで絶滅した? そんな疑問に答えるコラムも充実! まんがとイラストを交えながら詳しく解説しています。 コラムまでしっかり読めば、恐竜そのものだけでなく、太古の地球に関する知識も身についてしまうかも!? ■こんな方にオススメ! ・恐竜に興味を持ち出したお子さまの最初の一冊に悩んでいる ・これまで恐竜に興味はあったものの本格的な図鑑には手が伸びなかった ・大型連休や夏休みに各地の博物館にお出かけする際の予習をしたい ・生き物が好き! 恐竜が好き! 愛してる! 恐竜博士から入門者、大人から子供までどんな人でも楽しめるのが「ゆるゆる恐竜図鑑」です!ぜひ、本書とともにこれからの恐竜ライフを充実したものにしていってください。 --------------------------------------------------------------------------------------- <書籍概要> 『ゆるゆる恐竜図鑑』 監修:ミュージアムパーク茨城県自然博物館学芸員 加藤太一 まんが:かげ 定価:本体980円+税 発売日:2019年4月24日(水) 判型:B6判/176ページ 電子版:あり ISBN:978-4-05-204922-4 発行所:(株)学研プラス 学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/ コラム | 30view 藝大アートプラザにて「藝大の猫展」4月26日より開催! 藝大アートプラザにて「藝大の猫展」4月26日より開催!  2019年4月26日(金)より5月26日(日)まで、東京藝術大学(台東区上野公園12-8)内にあります藝大アートプラザにて、「藝大の猫展」を開催します! 入場無料!!  藝大アートプラザは、昨年10月に、東京藝術大学と小学館の共同事業によりオープンしました藝大キャンパス内のギャラリー・ショップです。藝大アートプラザは、藝大の学生、教職員、卒業生の作品を中心に展示・販売することで、多くの方がアーティストと出会い、応援が出来る場所になることを目的としております。  その藝大アートプラザにおきまして、「猫」をテーマに藝大のアーティストが作品を制作。絵画・彫刻・工芸・建築・映像・写真に音楽等々、綜合芸術大学の幅広いジャンルに亘る作品に加えて、コンペで選ばれた学生の作品も多数展示・販売されます。 ■藝大のアーティストによる多彩な猫作品 油画、日本画などの絵画はもちろん、ブロンズや木彫、テラコッタなどで制作されたリアルで可愛い彫刻のほか墨絵や解剖学的視点の作品やお菓子の材料で制作された作品なども出品されます。 ■猫アート本 ピカソやダリにパウル・クレー、猪熊弦一郎、藤田嗣治など猫を愛したアーティストは数多くいます。ギャラリー内の書棚では猫とアートというテーマで猫アート本を展示・販売します。  ゴールデンウィーク、そして新緑が美しい季節。上野にお越しの際は、藝大アートプラザを覗いてみてください! 藝大アートプラザの場所 東京藝術大学美術学部構内 藝大アートプラザHP https://artplaza.geidai.ac.jp/ 藝大アートプラザHP内、「猫展」紹介ページ https://artplaza.geidai.ac.jp/gallery/2019/03/nekoten.html コラム | 46view シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019開催記念『ブレードランナー2049』“特別音響”上映 シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019開催記念『ブレードランナー2049』“特別音響”上映 この度、2019年4月27日(土)より開幕する「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」の開催を記念し、シド・ミード氏が関わった最新の映画作品である『ブレードランナー2049』を、爆音映画祭を主宰する樋口泰人氏が調整するスペシャルな音響で上映決定! 加えて、シド・ミード関連のドキュメント映像の上映もいたします。 さらに、WOWOWのドキュメンタリー番組で国際エミー賞ほか多数受賞している映画評論家、クリエイティブディレクターの清水節氏、SF専門誌「SFアドベンチャー」編集長を経てマルチにプロデューサーとして活動する関智氏、元WIRED日本版編集長にして現在黒鳥社を立ち上げた若林恵氏(他、予定)によるトークを開催。司会は本展覧会の実行委員長にして、シド・ミード氏が手がけた「∀ガンダム」の仕掛け人である植田益朗が務めます。 前売券には全員プレゼントあり。 そして当日ご来場者の中から抽選でレア・グッズのプレゼントも予定しています。 ©︎Syd Mead, Inc. 開催概要 日時 2019年 5月1日(水)18:00 開映 17:30 当日券販売開始 17:45 整理番号順にて入場/全席自由 会場 新文芸坐 東京都豊島区東池袋1-43-5 マルハン池袋ビル3F(池袋駅東口徒歩3分) 登壇 清水節(映画評論家、クリエイティブディレクター) 関 智(プロデューサー) 若林恵(編集者/黒鳥社blkswn publishers)ほか MC= 植田益朗(シド・ミード展実行委員長) 料金 2,500円(前売/当日) 特典 前売券ご予約の方全員に特典プレゼント有/ 当日会場にて抽選でシド・ミード レアグッズ・プレゼント有! 前売 ご予約受付中 https://bakuonbladerunner2049.peatix.com/view 当日 5月 1日(水)17:30より劇場窓口にて販売 問合せ シド・ミード展実行委員会 事務局 https://sydmead.skyfall.me/contact 主催:シドミード展実行委員会 協力:株式会社boid (音響調整 樋口泰人) プロフィール 清水 節 Takashi Shimizu 1962年、東京都出身。映画評論家・クリエイティブディレクター。日藝映画学科中退後、映像制作会社や編プロ等を経てフリーランス。映画雑誌「PREMIERE日本版」「STARLOG日本版」等で編集執筆。映画情報サイト「映画.com」「シネマトゥデイ」、映画雑誌「FLIX」等で執筆中。ニッポン放送他に出演中。海外TVシリーズ「GALACTICA/ギャラクティカ」日本上陸を働きかけDVDを企画制作。円谷プロの新プロジェクト「ULTRAMAN ARCHIVES」で企画制作。遺稿集「眞実/成田亨 ある芸術家の希望と絶望」編集執筆。著書に「いつかギラギラする日 角川春樹の映画革命」「新潮新書 スター・ウォーズ学」(共著) 。WOWOWのドキュメンタリー番組「ノンフィクションW/撮影監督ハリー三村のヒロシマ」企画構成でギャラクシー賞、民放連賞、国際エミー賞受賞。 関 智 Satoru Seki 日本大学藝術学部映画学科卒。徳間書店でSF専門誌「SFアドベンチャー」編集長を務める。その後、プレイステーションで原案、シナリオを手がけたゲームソフト「とんでもクライシス!」「ストリートゴルファー」などをプロデュース。ゲーム、雑誌、書籍、イベントなど多方面で活動。また、登山家/栗城史多の事務局代表をつとめた。 若林 恵 Kei Wakabayashi 1971年生まれ。編集者。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社入社、『月刊太陽』編集部所属。2000年にフリー編集者として独立。以後、雑誌、書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立。 植田 益朗 Masuo Ueda 1979年 (株)日本サンライズ(現(株)サンライズ)入社。TV「機動戦士ガンダム」の制作に参加。1983年劇場版「機動戦士ガンダムⅢ」初プロデュース。以後TV「銀河漂流バイファム」、「シティーハンター」シリーズなどをプロデュース。1993年 サンライズ常務取締役就任。2000年 [ガンダム20周年事業]完遂後サンライズを退社。フリープロデューサーとして「犬夜叉」シリーズに携わる。2003年 SMEグループ(株)アニプレックス制作本部長、執行役員。2005年執行役員常務就任。2010年6月アニプレックス子会社アニメスタジオ(株)A-1Pictures代表取締役社長就任。2014年(株)アニプレックス執行役員社長就任。2016年7月(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント常勤顧問就任。2018年4月より株式会社スカイフォール代表取締役/プロデューサー。「シド・ミード展」企画・プロデュース中。 樋口 泰人 Yasuhito Higuchi 1957年山梨県生まれ。『キネマ旬報』『エスクァイア』『スイッチ』『スタジオボイス』など批評やレビューを執筆。90年代は『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』の編集委員、その後編集長をへて、ビデオ、単行本、CDなどを製作・発売するレーベル「boid」を98年に設立した。04年から、東京・吉祥寺バウスシアターにて、音楽用のライヴ音響システムを使用しての爆音上映シリーズを企画・上映。08年より始まった「爆音映画祭」はバウスシアター閉館後も、全国的に展開中。著書に『映画は爆音でささやく』(boid)、『映画とロックンロールにおいてアメリカと合衆国はいかに闘ったか』(青土社)、編書に『ロスト・イン・アメリカ』(デジタルハリウッド)。最近の主な配給作品に『地獄の黙示録劇場公開版』『地球に落ちて来た男』『PARKS パークス』『DARK STAR/H・R・ギーガーの世界』『大和(カリフォルニア)』『遊星からの物体X』など。 シド・ミード展関連作品の上映がキネカ大森にて 『ブレードランナー ファイナルカット版』+『AKIRA』2本立て上映! 半券サービス実施! キネカ大森の「名画座2本立て企画」のラインナップの一環で、4月26日(金)から5月2日(木)の期間、[Welcome to 2019! 今年中に絶対観るべき不朽不滅の傑作SF映画2本立て]『ブレードランナー ファイナルカット版』+『AKIRA』が上映!その名の通り作品の舞台年である2019にこそ観るべき二本立てを、展覧会とともにお楽しみください。シド・ミード氏が手がけた『ブレードランナー』はもちろんですが、『AKIRA』において大友克洋監督がシド・ミード氏から影響を受けたであろうことが色濃く伝わるシーンを楽しめます。 本上映にあたって、半券サービスを実施いたします!ぜひ、上映と展覧会の両方をお楽しみください! ©︎Syd Mead, Inc. ●[Welcome to 2019! 今年中に絶対観るべき不朽不滅の傑作SF映画2本立て]にご来場のお客様が上映の半券をお持ちいただくと、「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO」の当日一般料金から100円OFF! ●「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO」の半券を、[Welcome to 2019! 今年中に絶対観るべき不朽不滅の傑作SF映画2本立て]にお持ちいただくと、「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO」の非売品ポスター(B2サイズ)をプレゼント! <▼上映に関する詳細は、キネカ大森の公式サイトにて https://ttcg.jp/cineka_omori/ <未来を透視してきた巨匠の軌跡を辿る一期一会の原画展、東京限定開催! 「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」 ー未来のリハーサルー 2019年4月27日(土)ー2019年5月19日(日) 11:00~20:00 (最終入場は閉館の30分前まで) アーツ千代田 3331/1Fメインギャラリー (〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14/東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分、JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分) 会期中無休(館内施設は火曜定休) 料金:一般2,000円(前売1,800円)、学生(大学生・専門学校生以下)1,000円、小学生以下 無料 障害者手帳お持ちの方および付添者1名無料 公式サイト:https://sydmead.skyfall.me コラム | 43view 24時間使えるアトリエで、アーティストに充実した創作環境とビジネスチャンスを提供する 24時間使えるアトリエで、アーティストに充実した創作環境とビジネスチャンスを提供する  株式会社Univearthは、2019年2月に起業したばかりのスタートアップ。代表の谷口は、起業するまでにカメラやWebデザインの仕事をする中で、世界と比べ日本人のアートへの関心の低さを目の当たりにする。創作だけで生活できるアーティスト、一般の方がアートを購入する習慣など、もっと日常にアートが寄り添えば日本が活性化すると考え、アート事業への参入を決めた。成功への第一歩として、今回アトリエ&ギャラリーのプロジェクトを始動する。  アトリエ&ギャラリーのスペースとして改装予定の物件は、三階建てのビルである。一階は、ギャラリー、カフェ、事務所。二階と三階、屋上は制作ができるアトリエ。プロジェクトのメインであるアトリエは、十分な制作スペースを確保しにくいアマチュアのアーティストをターゲットにしている。月額10,800円〜の会員制で、24時間いつでも作業が行える共同のアトリエだ。画材も使い放題なのでアーティストは創作だけに集中でき、限界を超えたクレイジーな作品をつくる設備・空間が手に入る。今後は、最寄りのアトリエで創作できるように日本各地に増設予定だ。  一階のギャラリーは、会員が創作した作品を展示し、訪れた人は気にいる物があればそこで購入ができるシステム。作品が商品として評価される場所を作ることで、アーティストのプロ意識を養う。  また、会員のアーティストをマネジメントするサービス(月額500円〜)も行う。国内はもちろん、海外へのプロモーションにも力を入れていて、欧米・アジア各地の現地キュレーターによる展覧会の開催や、作家プロフィールや作品の概要をきちんと英訳した上で各国のアートシーンに紹介していく。当社の持っているWeb制作スキルを活かし、国内向けHPの他に海外向けにSEO対策を施したHPも作り、全文英訳をして公開する。他には、プロによるコーチングや心理カウンセリングなども導入予定だ。  最近、日本ではアートを取り入れた考え方「アート思考」が注目され始めている。アーティストは 0 から1を生み出すことに長けた存在であるが、現在の日本ではアーティストが活躍できる場所が少なく、将来に不安を感じ途中で創作をやめてしまう傾向がある。そのせいで、プロのアーティストは一定以上増えていかない。そこで私たちは、アーティストが多くの仕事を得て自由に創作できる環境を整えることに力を注ぐ。  これにより、世の中を変える斬新なアイデアがどんどん生まれ、日本がより豊かになっていくのではないかと考えている。  アーティストが活躍できる場所は、ギャラリー以外にも増やしていく。現在、開発を進めているのはアート作品をいろいろな形で購入できるプラットフォーム。好きなグッズ(クッションカバーやマグカップなど)や室内装飾品(額縁やカーテン、ポスターなど)に簡単な操作で注文でき、手軽な価格でアートを購入できる。 ギャラリーイメージ アトリエイメージ  私たちが、アーティストの活躍できる場所を増やす中で、成功していくアーティストには、他のアーティストに対しての講義などを行い、アマチュアのアーティストからプロのアーティストになるまでのプロセスを確立していく。  プロジェクトを進めていくメンバーは、自らが創作をしているアーティストだ。アーティストたちが何を求めているのか、何に悩んでいるのか自身の経験を通して、今後サービスを提案していく。  プロジェクトの始動に伴い、4月26日より随時、PRイベントを開催予定。  カフェやレコードショップ、古本屋、ギャラリーなどアーティスティックな場所でのイベントを行う。ライブペイントや音楽、作品展示など、プロジェクトの主役である多くのアーティストと共に、イベントを作り上げる。  アート好きな一般の方や活動中のアーティストに認知してもらうため、来場した方へ向けてプロジェクトの概要やサービス内容を説明するブースも設ける。 【PRイベント日程】 ・4月26日(金) 心斎橋 @G.R Cafe Terrace ・4月28日(日) 布施 @エジプトレコーズ ・5月9日(木) 文の里 @居留守文庫 ・5月24日(金) 北加賀屋 @音ビル [仮] 株式会社Univearth HP:https://corp.univearth.jp/ コラム | 36view キャラアートが贈るGWイベント4連発「椎名百貨店 in マルイ」「機動警察パトレイバー×2クリエイターズ」「CICAF」「GT-R・FAIRLADY Z 50th Anniversary in そごう横浜店」 キャラアートが贈るGWイベント4連発「椎名百貨店 in マルイ」「機動警察パトレイバー×2クリエイターズ」「CICAF」「GT-R・FAIRLADY Z 50th Anniversary in そごう横浜店」 株式会社ダブルエルのグループ会社、キャラクターを活かしたアート商材の製造・販売を行うキャラアート株式会社は、ゴールデンウィーク前後でアニメ・マンガを中心としたキャラアート主催・参加のイベントを4回実施いたします。 【実施するイベント概要】 (1)「椎名高志画業30周年記念原画展 椎名百貨店 inマルイ」 ~椎名キャラ人気投票結果発表!描き下ろし超美麗イラスト集結!~ 場所  :池袋マルイ 7階展示会場(東京都豊島区西池袋3-28-13) 日時  :2019年4月26日(金)~5月19日(日) 11:00〜20:30 ※5月8日(水)より展示内容入れ替え予定。 ※ご入場は閉館の30分前まで 展示内容:原画展示、AR使用アプリによる音声解説、描き下ろし展示、複製原画展示・販売、グッズ販売 入場料 :500円(税込) URL :https://www.0101.co.jp/403/info/index.html?contents_id=6838 ※椎名高志先生、サイン会実施決定!! 5月5日(日)池袋マルイ7Fイベントスペースにて(参加券は抽選にて) (2)BE@RBRICK、ANIMAREALとの豪華コラボ 機動警察パトレイバー ポップアップイベント開催「機動警察パトレイバー EZY × 2クリエイターズ」 in西武渋谷店 場所  :西武渋谷店B館5Fプロモーションスペース> (東京都渋谷区宇田川町21-1)> 日時  :2019年4月30日(火)~5月6日(月)  10:00〜20:00> 展示内容:アート展示・販売、限定グッズ販売、立体モデル展示> 入場料 :無料 (3)「CICAF(中国国際アニメ&マンガフェスティバル)」 ~キャラアートの作品を、中国で展示・販売~ キャラアートの新商品を発売予定 場所  :中国 浙江省杭州市> 日時  :2019年4月30日(火)~5月5日(日)> 展示内容:アート展示・販売> URL :http://www.cicaf.com/ (4)「GT-R・FAIRLADY Z 50th Anniversary inそごう横浜店」 ~年表展示やオリジナルグッズ販売、参加型企画も実施~ 場所  :そごう横浜店9階 センタープラザ (神奈川県横浜市西区高島2-18-1) 日時  :2019年5月14日(火)〜25日(土)10:00~20:00      ※最終日は18:00終了 展示内容:歴史年表、ミニカー展示、オリジナルグッズ販売 GT-R Magazineバックナンバー展示 入場料 :無料 URL :https://gtrz50y.com/ ■会社概要 商号  :株式会社ダブルエル(URL:http://doublel.co.jp) 代表者 :代表取締役 保手濱 彰人 所在地 :東京都品川区東五反田1-10-10 オフィス T&U 7階 事業内容:漫画・アニメのIPマネジメント事業(日本漫画の海外配信プロデュース、漫画・アニメの広告プロデュース 等) 商号  :キャラアート株式会社 (URL:https://chara.art/) 代表者 :代表取締役 小松崎 孝一 所在地 :埼玉県吉川市吉川1-24-5 事業内容:日本が誇るアニメや漫画などのPOPカルチャーを質の高いアート作品として販売。より上質なインテリアとして、質にこだわる本当のファンの方へ向けた商品を企画・提案し、高品質でありながら複製原画としてはリーズナブルな価格で展開している。作者の権利は当然のことながら、作品の世界観や作家の想いまでを大切にすることにより、多くの原作者やアーティストの先生方が、キャラアートに大切な作品を託されている。 コラム | 38view 100人以上の漫画家がミッキーを描いてみた?!「ミッキーマウス90周年記念イラスト集 gift」発売 100人以上の漫画家がミッキーを描いてみた?!「ミッキーマウス90周年記念イラスト集 gift」発売 株式会社講談社は、ミッキーマウススクリーンデビュー90周年を記念した漫画家100人以上による描きおろしのディズニー公式イラスト集『gift』を6月28日(金)に発売します。ミッキーマウスファンを自認する漫画家たちに、「こんなミッキーマウスがいたら」「もし自分の作品にミッキーマウスが登場したら」をテーマにイラストを描いてもらいました。タッチ、色彩、構成など各々漫画家の個性を生かしたイラスト集で、これまでに見たこともないミッキーマウスが勢ぞろいしており、ミッキーマウスのファンも、漫画家のファンも楽しめる一冊になっています。 ■参加漫画家一覧 (こちらの参加漫画家は一部になります。残りの参加漫画家は後日発表いたします) 朝基まさし/麻生みこと/足立金太郎/あなしん/安藤なつみ/餡蜜/池田邦彦/諫山創/石沢うみ/石塚千尋/岩下慶子/岩本ナオ/上田美和/上野はる菜/うえやまとち/魚田南/海野つなみ/江口夏実/絵本奈央/大川ぶくぶ/大暮維人/おかざき真里/おざわゆき/片倉真二/金田陽介/カレー沢薫/川端志季/カワハラ恋/木尾士目/金田一蓮十郎/クロ/桑原太矩/小菊路よう/ゴツボ☆マサル/こねこねこ/小山ゆうじろう/梱枝りこ/佐久間結衣/栄羽弥/流石景/サラ イネス/さらちよみ/白梅ナズナ/白浜鴎/末次由紀/スケラッコ/墨佳遼/曽田正人/タアモ/高橋ツトム/瀧波ユカリ/玉島ノン/ぢゅん子/寺井赤音/鳥飼やすゆき/中村光/なきぼくろ/南波あつこ/弐瓶勉/日本橋ヨヲコ/萩原あさ美/葉月かなえ/はつはる/春木さき/春原ロビンソン/東元俊哉/ひぐちにちほ/藤もも/藤屋いずこ/前川たけし/まがりひろあき/松本ひで吉/宮島礼吏/森恒二/泰三子/やつき/山田デイジー/やまだないと/柚月純/横田卓馬/吉岡公威/吉野マリ/吉元ますめ/リカチ/若林稔弥 ■一部内容紹介 □大暮維人 「週刊少年マガジン」で『化物語』(原作/西尾維新)コミカライズを連載中。その他の代表作に『エア・ギア』、『天上天下』、『バイオーグ・トリニティ』(原作/舞城王太郎)など。 ミッキーはデトロイトに向かう。みんなのために夢を届ける大切な仕事だ。でも、みんなが喜んでくれるのがミッキーは一番嬉しいのだ。それは、漫画家も同じで、理想でもある。そんなことを考えながらの幸せな仕事でした。 □クロ 代表作に『クロックワーク・プラネット』(原作/榎宮祐・暇奈椿)、『revisions リヴィジョンズ』(原作/S・F・S、脚本/茗荷屋甚六)コミカライズなど。いずれも「月刊少年シリウス」にて連載。 大好きなミッキーとSFを融合させてみました。デスクトップの写真に想いを馳せながら、機械で作った魔法のホウキで、これからミニーに会いに行くのかもしれません。いつまでも幸せで素敵なふたりでいてください。 □高橋ツトム @tsutomu69 現在、「ヤングマガジン」にて『ノイン』連載中。代表作は『地雷震』『鉄腕ガール』『スカイハイ』『爆音列島』『SIDOOH』『BLACK-BOX』など。 人生で初めて描いたミッキー!和をイメージして筆で挑戦!そしてその造形、ポーズに計算し尽くされた黄金比があることを痛感!ディズニー!パーフェクト! ©Disney --------------------------------------------------------------------------------------- <書籍概要> ●タイトル/「ミッキーマウス90周年記念イラスト集 gift」 ●発売日/6月28日(金) ●定価/本体3000円(税別) ●判型/A4並製(カバー・帯あり・シュリンク) ●ページ数/136P ●シリーズ/書籍(KCピース) ●ISBN:/978-4-06-515680-3 ●電子書籍版も同日発売 https://www.disney.co.jp/shopping/news/20190125_01.html コラム | 33view