column | イラストコンペ・デザインやコンテストに関する情報

【六本木国立新美術館】日本最大規模の学生アニメーションの祭典・ICAF 9/26~9/29 2019-09-19 【六本木国立新美術館】日本最大規模の学生アニメーションの祭典・ICAF 9/26~9/29 インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)は、全国の大学や専門学校などの教育機関で制作されたアニメーション作品を一堂に集め上映する、本格的な学生アニメーションのフェスティバルです。2002年に始まり今年で17回目を迎えます。 今年は全国25校から192作品、海外の教育機関(デンマーク、韓国、イスラエル)から26作品、合計218作品の学生作品を一挙上映いたします。 ここに集められた作品群を観ることで、学生アニメーションの最新クオリティ、さらにはその先に展開するアニメーションの未来をも感じていただけると思います。 上映以外のイベントもあります。高校生以上の学生なら誰でも参加できる公開講評会「ICAFとらのあな」。 今年の講師は、池田爆発郎、森田宏幸、クリハラタカシ、ロニー・オーレン。厳しくも熱い講評が聞けるはずです。 さらにICAFを卒業しクリエイティブな最前線で活躍中の作家や監督を招いての上映&トーク「 ICAFとらのみち」。 今年のゲストは、水江未来、久保雄太郎、decovocal、中田彩郁、田中紫紋、藤井亮。最新のお仕事など貴重なお話を聞かせていただきます。 日本最大規模の学生アニメーションの祭典・ICAF2019(Inter College Animation Festival 2019) 9月26日(木)〜29日(日)・国立新美術館・3階講堂および研修室にて開催!(入場無料) インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)は、全国の大学や専門学校などの教育機関で制作されたアニメーション作品を一堂に集め上映する、本格的な学生アニメーションのフェスティバルです。2002年に始まり今年で17回目を迎えます。今年は全国25校から192作品、海外の教育機関(デンマーク、韓国、イスラエル)から26作品、合計218作品の学生作品を一挙上映いたします。ここに集められた作品群を観ることで、学生アニメーションの最新クオリティ、さらにはその先に展開するアニメーションの未来をも感じていただけると思います。 【内容詳細】 ①本年度で17回目を数え、全国から25校参加のICAF 今年のICAFは全国から25校が集まり、200作品に及ぶ作品の上映が4日間で行われます。参加校は最大40分の枠で1年間の成果から良作を選び上映するので、日本のアニメーション教育の最新状況が一望できます。上映時に参加校の指導教員と出品者が登壇して挨拶や紹介が行われます。参加校の教員が自校の作品群から1本選んだ推薦作品を集めた「各校選抜プログラム」はICAF入門プログラムとしてオススメです。 ②9月26日〜29日、国立新美術館で開催 今年のICAFは、9月26日(木)〜29日(日)の4日間、国立新美術館(東京・乃木坂)3階講堂および研修室で開催します。入場無料です。 ③充実した国内・海外巡回上映 昨年同様、ICAF2019よりセレクションプログラムをパッケージ化して、国内外の様々な映画祭等で巡回上映を実施予定です。国内は7か所(岡山、姫路、愛知、京都、大阪、金沢、広島)、映画祭国内外上映(東京アニメアワードフェスティバル、韓国大学漫画アニメーション最強戦)を予定。グローバルな展開を計画中。 ④プログラム外の持ち込み上映会「ICAFとらのあな」 今年度も学生・生徒なら、誰でも(参加校以外からも、中・高校生でもOK)参加可能の持ち寄り作品上映&講評会を実施します。今年は、池田爆発郎(アニメーション作家)、クリハラタカシ(漫画家・絵本作家・アニメーション作家)、森田宏幸(アニメーション監督)、ロニー・オーレン(イスラエル・ベツァルエル美術デザイン学院・教授)が熱く真剣に作品講評します。 *「とらのあな」とは、往年の人気漫画&アニメ「タイガーマスク」に登場する地獄の特訓を強いるプロレスラー養成機関。それにあやかりアニメを目指す学生の修行の場としてネーミングしたイベント名です。ここで言う「とら」とはアニメーションを志す学生たちを指します。 ⑤ICAF卒業生の活躍を紹介する「ICAFとらのみち」 今年度もアニメーション業界の最前線で活躍するICAF卒業生をゲストに迎え、その作品紹介を通して卒業後の仕事ぶりや成長ぶりを紹介します。今年のゲストは、水江未来(多摩美術大学)、デコボーカル(東京工芸大学)、久保雄太郎(東京藝術大学)、中田彩郁 (東京造形大学)、藤井亮・田中紫紋(武蔵野美術大学)。 ⑥学生と企業とを繋げる交流の場「ICAF とらのゆめ」(対象:学生限定) 昨年度、協賛企業の皆様にご協力いただき、日本のアニメーション業界とその周辺を学生たちに知ってもらうために行った交流会を今年度もさらに発展させたいと考えております。 ⑦優れた各協力機関・施設による支援 本フェスティバルは、日本アニメーション協会と日本アニメーション学会が連携・共催し、国立新美術館や各地方の上映施設の多大な協力をいただいて行われています。また全体の運営には株式会社猿人が協力しております。 ⑧国際的にも活動拡大 国際的な映画祭や教育機関とも積極的に連携していきます。去年に引き続きデンマークからはアニメーション・ワークショップとデンマーク国立映画学校、韓国からは韓国大学漫画アニメーション最強戦からのセレクト上映、新たにイスラエルのベツァルエル美術デザイン学院が参加します。 ⑨アニメーションの研究活動の発表の場としての役割 アニメーションを学術研究として学ぶ学生のために、論文発表のスペースを設置。制作系の学生だけでなく研究系の学生にも発表と相互交流の機会を設けます。 以上のような企画をICAF2019実行委員会で計画しております。 【開催概要】 開催日程:9 月 26 日(木)〜29 日(日) 時間:10 時〜18 時(日によって若干異なります) 会場:国立新美術館 3階講堂・研修室 (東京都港区六本木7丁目22-2) 詳細はWEBにてご確認ください。 http://www.icaf.info 主 催:インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル実行委員会 共 催:日本アニメーション協会(JAA)、日本アニメーション学会(JSAS) 特別協力:国立新美術館 幹事校:多摩美術大学、東京藝術大学、東京工芸大学、東京造形大学、武蔵野美術大学 参加校:アート・アニメーションのちいさな学校、大阪芸術大学、大阪電気通信大学、岡山県立大学、尾道市立大学、金沢美術工芸大学、九州産業大学、京都精華大学、京都造形芸術大学、神戸芸術工科大学、女子美術大学、専門学校 東京クールジャパン、東北芸術工科大学、長岡造形大学、名古屋学芸大学、日本大学芸術学部、比治山大学短期大学部、広島市立大学、文化学園大学、北海道教育大学 岩見沢校 (名称順) 協賛:京楽ピクチャーズ.株式会社、株式会社アイケイアイエフプラス、株式会社カーフ、株式会社Too、株式会社ピクス、株式会社ファンワークス、株式会社ロボット、クランチロール株式会社、デル株式会社、リトルビット株式会社、CLIP STUDIO PAINT、株式会社ガレージフィルム、株式会社白組、株式会社スタジオコロリド、株式会社ディレクションズ、株式会社ポリゴン・ピクチュアズ、株式会社ボンズ、株式会社pHスタジオ、シンエイ動画株式会社、太陽企画株式会社、有限会社オレンジ、Toon Boom Animation Inc. 機材提供:ブラックマジックデザイン株式会社 コラム | 6view Pineapple County 過去投稿作品採用 2019-09-19 Pineapple County 過去投稿作品採用 Pineapple County 過去投稿作品採用 文言追加 採用作品 タイトル» 作品ページ Long Surf 作者» 作者様ギャラリーページ soar i7様 賞金 1万円 補足 LIVE FREE STAY WILD と文言を追加して頂きました。 いかがでしたでしょうか! 定期コンペ、長期コンペ絶賛開催中ですので、引き続きよろしくお願い致します! コンペ | 55view 「出張マンガのマンガ展」10月29日(火)「相原コージ×竹熊健太郎×江上英樹『サルでも描けるまんが教室 』スペシャルトーク」開催決定! 2019-09-18 「出張マンガのマンガ展」10月29日(火)「相原コージ×竹熊健太郎×江上英樹『サルでも描けるまんが教室 』スペシャルトーク」開催決定! 東アジア文化都市2019豊島実行委員会事務局 豊島区役所本庁舎4階庁舎まるごとミュージアムにて開催中の東アジア文化都市2019豊島マンガ・アニメ部門スペシャル事業「マンガ・アニメ区役所」の第2弾「マンガのマンガ展」。さまざまな時代を舞台に描かれるユニークな「マンガのマンガ」6作品の複製原画等の展示を通じて、マンガの、またマンガ家とマンガ読者の変化を振り返ります。 特別企画「出張マンガのマンガ展」をB1Fで展開中のジュンク堂書店 池袋本店にて、「30年目の“サルまん3.0”!? 相原コージ×竹熊健太郎×江上英樹『サルでも描けるまんが教室 』スペシャルトーク」の開催が決定! 10月29日(火)、1989年~1991年に「ビッグコミックスピリッツ」誌上で連載され、その斬新な内容で大きな話題を呼んだ『サルでも描けるまんが教室(愛称:サルまん)』著者の相原コージさん・竹熊健太郎さん、当時の『サルまん』担当編集であり、後に「月刊IKKI」編集長を務めた江上英樹さんが、『サルまん』の制作秘話や当時のマンガ界についての話を中心に、今そしてこれからのマンガ界について語ります。 「30年目の“サルまん3.0”!? 相原コージ×竹熊健太郎×江上英樹『サルでも描けるまんが教室 』スペシャルトーク」 〈日程〉2019年10月29日(火)19:30~21:00 〈会場〉ジュンク堂書店 池袋本店 4階喫茶コーナー 〈料金〉1,000円(ドリンク付き)/ 要予約 ★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。 ※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。 ※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。 ※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 〈定員〉40名 登壇者 相原コージ/マンガ家 竹熊健太郎/編集家・フリーライター 江上英樹/マンガ編集者 司会進行 山内康裕/東アジア文化都市2019豊島 マンガ・アニメ部門事業ディレクター 詳細はこちら!https://honto.jp/store/news/detail_041000037318.html?shgcd=HB300 マンガ・アニメ区役所 マンガのマンガ展 〜過去と現在、描き手と読み手〜 ​2019年5月9日から11月24日まで、豊島区役所本庁舎4Fを舞台に開催するマンガ・アニメの展示企画「マンガ・アニメ区役所」。第1弾の『「これも学習マンガだ!」展 ~マンガで学ぶ11の世界〜』につづく、第2弾特集展示を開催。 8月からスタートするのは、“マンガ”自体を題材にしたマンガ作品――「マンガのマンガ」の特集展示です。昭和30年代から現在までさまざまな時代を舞台に描かれるユニークな「マンガのマンガ」6作品の複製原稿等の展示を通じて、マンガが、またマンガ家とマンガ読者がどのように変化してきたのかを振り返ります。 〈展示作家・作品〉 コージィ城倉『チェイサー』 島本和彦『アオイホノオ』 相原コージ・竹熊健太郎『サルまん サルでも描けるまんが教室』 日本橋ヨヲコ『G戦場ヘヴンズドア』 松田奈緒子『重版出来!』 芳崎せいむ『金魚屋古書店』 特別企画 inジュンク堂書店 池袋本店 「出張マンガのマンガ展」 〈日程〉2019年8月8日(木)~11月24日(日)10:00~22:00 「マンガのマンガ展」出展作品から、本会場での展示とは異なる複製原稿等を、ジュンク堂書店 池袋本店に特設展示します。 9月18日(水)には“マンガのマンガ”ができるまで 松田奈緒子×山内菜緒子『重版出来!』スペシャルトークを開催(参加申し込み人数が定員に達しております)。 東アジア文化都市とは 「東アジア文化都市」は、日中韓文化大臣会合での合意に基づき、日本・中国・韓国の3か国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定し、その都市において、現代の芸術文化や伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施するものです。これにより、東アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を図ることを目指します。 コラム | 8view 「古代毒蜜創始文明」受賞2作品目発表! 2019-09-18 「古代毒蜜創始文明」受賞2作品目発表! DrugHoney 長期コンペ「古代毒蜜創始文明」 入賞作品 タイトル» 作品ページ 神の瞳 作者» 作者様ギャラリーページ suzu様 賞金 1万円 いかがでしたでしょうか! 定期コンペ、長期コンペ絶賛開催中ですので、引き続きよろしくお願い致します! コンペ | 53view 【展覧会】舘鼻則孝の新作個展「WOODCUTS」が開幕 9/7〜10/12 2019-09-17 【展覧会】舘鼻則孝の新作個展「WOODCUTS」が開幕 9/7〜10/12 日本の伝統文化を現代に表現するアーティスト舘鼻則孝の新作個展 源氏香から着想を得た作品「ウッドカッツ」全52作が揃うほか、絵画や彫刻までを含む全85点の作品で構成された展覧会。 Woodcuts, 2019 ©2019 NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA Photo by GION 舘鼻則孝 個展 “WOODCUTS” 2019年9月7日(土)〜10月12日(土) KOSAKU KANECHIKA |TERRADA ART COMPLEX 舘鼻則孝による新作個展「WOODCUTS」が、9月7日に開幕しました。 会場となるKOSAKU KANECHIKAは、日本のアートシーンを牽引するギャラリーが集まるTERRADA Art Complex 5階にスペースを構えています。 Woodcuts, 2019 ©2019 NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA Photo by GION 展覧会名でもある『ウッドカッツ』は、源氏物語をモチーフとして300年程前の江戸時代に成立した源氏香と呼ばれる日本独自の香文化から着想を得た作品であり、香りの日本文化を視覚的に表現した作品群です。源氏香とは、組香と呼ばれる競技形式の香りの鑑賞方法のことで、順に炷かれた香りの異同を判ずるだけでなく、それをもとに図案を表します。その図案である源氏香の図は、源氏物語の全54帖のうち52帖の巻名が付されていることから、そのように呼ばれています。また、平行四辺形に5本の直線の構成のみで成り立つ様式化された文様は、彫刻とも絵画とも取れる形式を構築し、著名なアメリカ人アーティストのドナルド・ジャッド(1928年〜1994年)が1960年代に提唱したミニマリズムの概念である「スペシフィック・オブジェクト」を背景に作品化されました。 Heel-less Shoes, 2019 ©2019 NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA Photo by GION 舘鼻の代表作でもあるレディー・ガガの履く『ヒールレスシューズ』は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)での展覧会「Items: Is Fashion Modern?」にて、舘鼻のヒールレスシューズが出展された際のプラットフォームシューズの進化を表現した展示構成へのオマージュとなっています。 Void Sculpture, 2019 ©2019 NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA Photo by GION 昨年に続き、日本屈指の刀匠である河内國平氏の日本刀を用いた彫刻作品の新作『ヴォイドスカルプチャー』も公開されています。アクリルの塊の中に、火炎の姿を質量の無い空洞で表した本作は、フランスの哲学者ロラン・バルトの著書「表徴の帝国」から着想を得たシリーズ作品です。 Embossed Painting, 2019 ©2019 NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA Photo by GION 本展のために新たに創作されたペインティングは、22点にも及び、中でも5点の大型作品が目を引きます。モチーフとなっているのは、舘鼻作品に度々用いられている雷と雲です。自然界の中で、形の無いモチーフを視覚芸術として具象表現し絵画作品として昇華しています。 Noritaka Tatehana ©2019 NORITAKA TATEHANA K.K. Photo by GION アーティストプロフィール 舘鼻 則孝(たてはな のりたか) 1985年、東京生まれ。歌舞伎町で銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。シュタイナー教育に基づく人形作家である母の影響で幼少期から手でものをつくることを覚える。東京藝術大学では染織を専攻し遊女に関する文化研究とともに友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。卒業制作であるヒールレスシューズは花魁の下駄から着想を得たものである。近年はアーティストとして展覧会を開催する他、伝統工芸士との創作活動にも精力的に取り組んでいる。2016年3月には、仏カルティエ現代美術財団にて人形浄瑠璃文楽の舞台を初監督「TATEHANA BUNRAKU : The Love Suicides on the Bridge」を公演した。作品はニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館など、世界の著名な美術館に永久収蔵されている。2019年10月5日から12月1日まで、アメリカ・オレゴン州のポートランド日本庭園にて個展「NORITAKA TATEHANA: Refashioning Beauty」を開催予定。 開催概要 展覧会:WOODCUTS(ウッドカッツ) 会 場:KOSAKU KANECHIKA 東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 5F 会 期:2019年9月7日(土)〜10月12日(土) 開館時間:11:00 – 18:00(火・水・木・土)/ 11:00 – 20:00(金)[休廊:日・月・祝] 会場ウェブサイト:http://kosakukanechika.com/ 入場料:無料 コラム | 11view 「Fillil×ユーモア自然テキスタイル」受賞5作品目発表! 2019-09-17 「Fillil×ユーモア自然テキスタイル」受賞5作品目発表! Fillil 長期コンペ「Fillil×ユーモア自然テキスタイル」 入賞作品 タイトル» 作品ページ ふぉたにかる 作者» 作者様ギャラリーページ うさぎの耳はおいしい様 賞金 1万円 いかがでしたでしょうか! 定期コンペ、長期コンペ絶賛開催中ですので、引き続きよろしくお願い致します! コンペ | 93view 【結果発表】第3回イラスト大喜利コンペ 「iPS細胞」 2019-09-17 【結果発表】第3回イラスト大喜利コンペ 「iPS細胞」 第3回 イラスト大喜利コンペ「iPS細胞」 9/13~9/30に開催された大喜利コンペ「iPS細胞」の結果発表です。 Love数上位3作品の他、おもしろデザイン2作品も入賞とさせていただきます。 プレゼントの当選者の方は、ページ下部のオーダーボタンからオーダーしてください。   1位 33票 タイトル» 作品ページ universal 作者» 作者様ギャラリーページ gata様 当選者 gata様 1129eiri様 tomuyamu様 negnegswork様 2位 28票 タイトル» 作品ページ マウス 作者» 作者様ギャラリーページ 千-sen様 当選者 千-sen様 1129eiri様 ロンロン様 3位 28票 タイトル» 作品ページ IPS GUIDE BOOK 作者» 作者様ギャラリーページ gata様 当選者 gata様 スワスミオ様 RAHO様 特別賞 タイトル» 作品ページ コマーシャル 作者» 作者様ギャラリーページ taboo様 当選者 taboo様 特別賞 タイトル» 作品ページ iPSさいぼーちゃん 作者» 作者様ギャラリーページ weird flowers様 当選者 weird flowers様 当選者の方は、下記ボタンからオーダーしてください。 半袖Tシャツ、トートバッグどちらもお好きなアイテムをお選びいただけます。 なお、オーダーの期限は9/28までとなりますのでお早めにご入力ください。 オーダーフォーム いかがでしたでしょうか! 定期コンペ、長期コンペ絶賛開催中ですので、引き続きよろしくお願い致します! コンペ | 218view 「木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-」名古屋会場が9月13日(金)より開催! 2019-09-16 「木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-」名古屋会場が9月13日(金)より開催! とんねるずとして、また画家としても活躍する木梨憲武さんの個展「木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-」が、9月13日(金)より愛知県・松坂屋美術館にて開催されます。前日の12日(木)には木梨さんが会場を訪れ、オープニングセレモニーを行いました。 2018年より全国美術館ツアーを開催中の個展「木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-」。先に開催された浜松会場では、夏休みということもあり、10万人近くの来場者を記録する人気ぶりとなりました。 本展では、2018年にロンドンの個展で披露した新作を中心に、絵画、ドローイング、映像、オブジェなど、木梨さんならではの自由な発想で制作された150点以上の作品を展示しています。 1994年に自身初の個展「太陽ニコニカ展」を名古屋PARCOで開催した木梨さんは、「25年前、初めて個展をやらせてもらったのが、ここ名古屋でした。25年ぶりの展覧会なので、スタート地点に戻ってきたような感じ。小さいお子様も楽しく観てもらえればと思います。」と述べました。 作品の中には、今回名古屋を訪れた際、ホテルの部屋から見える名古屋城を描いたイラストも展示されていました。会場を訪れた際はぜひ見つけてみては? 「木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-」名古屋会場は10月20日(日)まで開催中。 さらに自由に、さらに鮮やかになった作品をぜひ会場でご覧ください。 ■木梨憲武展 Timing -瞬間の光り- 会期:9月13日(金)~10月20日(日) 会場:愛知県・松坂屋美術館 開館時間:10:00~19:30 チケット料金:大人-1200円 / 中学生以下-600円 公式サイト:http://www.kinashiten.com/ 問い合わせ:松坂屋美術館[TEL]052-264-3611 ※入館は閉館の30分前まで。会期中無休。未就学児童無料。小学生以下のみの入場不可。 コラム | 19view 「優雅な舞踏会」受賞1作品目発表! 2019-09-16 「優雅な舞踏会」受賞1作品目発表! Leirena ダンサーセレクトコンペ「優雅な舞踏会」 入賞作品 タイトル» 作品ページ ダンスの前に 作者» 作者様ギャラリーページ きたゆり様 賞金 1万円 いかがでしたでしょうか! 定期コンペ、長期コンペ絶賛開催中ですので、引き続きよろしくお願い致します! コンペ | 86view 横浜のアート新名所BankART Station にて「角野栄子の世界」展がスタート! 2019-09-15 横浜のアート新名所BankART Station にて「角野栄子の世界」展がスタート! 新高島駅地下に新たに登場したBankART Station にて、童話/絵本作家である角野栄子さんの作品を展示した「角野栄子の世界」展が2019年9月13日(金)からスタート。角野栄子さんのロングセラー代表作「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」の関連物も展示。 オープニングイベントには角野栄子さんが登場し、山口県下関市の子どもの本の専門店「子どもの広場」を主宰する横山眞佐子さんとのトークセッションが行われます。角野栄子さんの本が読み放題のコーナーや、角野栄子さんがプロデュースに参加した本棚などもご覧いただけます。 ■入場無料「角野栄子の世界」展 世界中の子どもの本の作家の中で選ばれる国際アンデルセン賞作家賞を受賞された「魔女の宅急便」の作者、角野栄子さん。「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」からは、レストラン・ヒバリで小さなおばけのアッチが作る、少し不思議なお料理がアートになって登場します。作品ができるまでや作家自身の暮らしぶりを見ていただくことによって、もう一度作品を読みかえしたくなる展覧会です。作家角野栄子さんと一緒に物語の世界に旅してください。 ● 9/14 sat 13:30~ オープニングトーク 角野栄子さん 「私の中のこども」 聞き手:横山眞佐子さん 下関の児童書専門店「こどもの広場」を40年続けている横山さんが、長年の友人として、角野栄子さんの子ども時代から作品をつくる時のヒミツまで、ねほりはほり。 ※トークイベントは、定員になりましたら、入場制限させていただく場合もございます。予めご了承ください。また、トーク終了後サイン会を予定しております。サイン会は、当日会場にて本をご購入いただいた方、先着順で整理券をお配りいたします。ご希望の方は、スタッフまでお声がけください。開場は11時からとなっております。 ● 角野栄子さんとつくった「私の本棚」 心のなかの本棚が自分自身の辞書を作る ほんとうに大切な本は、きっと30冊ぐらい。そんなトクベツな本を入れておく、 ちいさな本棚があったらいい――。 角野栄子エブリデイマジック コロナ・ブックスより --------------------------------------------------------------------------------------- <展示概要> 会期:2019年 9月13日(金) ~ 9月23日(月)11:00~19:00 ※最終日は17:00まで 【入場無料】 会場:BankART Station  住所:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい5-1新高島駅地下1F 主催・問い合わせ:広松木工株式会社 TEL:0944(87)5911 http://www.bankart1929.com/bank2018/space/station/index.html コラム | 14view 写真家中野正貴 初の大規模写真展「東京」開催 2019-09-14 写真家中野正貴 初の大規模写真展「東京」開催 写真家・中野正貴 初の大規模写真展「東京」が、2019 年11 月23 日(土)~ 2020 年1 月26 日(日)までの期間、東京都写真美術館にて開催されます。 変貌を続ける世界都市「東京」。 2020 年オリンピックの舞台となるこの大都市を鋭い感性と巧みな空間把握で 30 年余にわたり撮影し続ける中野正貴。誰もいない東京の姿を写した『TOKYO NOBODY』、 ビルや民家の窓から垣間見たシュールな『東京窓景』、川を漂い水上を浮遊する都市像を捉えた 『TOKYO FLOAT』などを発表し話題となりました。 本展は“東京三部作”といわれる代表作を中心に、新作・未発表作で構成した集大成展。 本展用に編成された「TOKYO TOWER」をはじめ、8×10 など大型カメラで撮られた4m 超の巨大プリントなどの作品約100 点を展示。中野独自の視点でとらえた変わりゆく「東京」を展覧します。 <中野正貴プロフィール> 1955 年 福岡県生まれ。翌56 年より東京在住。 武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン科卒業後、 写真家・秋元茂に師事。1980 年よりフリーランス・フォトグラファーとして独立。 雑誌や広告撮影を中心に活躍している。 『TOKYO NOBODY』で日本写真協会賞新人賞、『東京窓景』で木村伊兵衛写真賞、 ほか作品集に、『TOKYO FLOAT』『MY LOSTAMERICA』『亜洲狂詩曲 アジアン・ラプソディ』などがある。 <関連イベント> ○対談 中野正貴×リリー・フランキー 日 程:2019 年12 月8 日(日) 時 間:14:00 ~(約90 分) 場 所:東京都写真美術館 1 階ホール ※詳細は9 月下旬に弊社HP にてお知らせいたします。 https://www.crevis.co.jp/top/ ○中野正貴ギャラリートーク 会場内で作品を観覧しながらお話しいたします。 日 程:①2019 年11 月24 日(日) ②2020 年1 月12 日(日) 時 間:各日14:00 ~ ※展覧会チケット(当日消印)をご持参のうえ、地下1 階展示室内にお集まりください。 --------------------------------------------------------------------------------------- <展示概要> 中野正貴写真展「東京」 会 期:2019 年11 月23 日(土)~ 2020 年1 月26 日(日) 会 場:東京都写真美術館 地下1 階展示室 コラム | 18view 3Dのような立体的なタッチでお馴染み/ビッグコミックオリジナル表紙絵40周年記念「村松誠 犬猫イラスト展」 2019-09-13 3Dのような立体的なタッチでお馴染み/ビッグコミックオリジナル表紙絵40周年記念「村松誠 犬猫イラスト展」 ビッグコミックオリジナル(小学館)表紙絵掲載40周年を記念し、表紙を担当する村松誠のイラスト展が開催されます。貴重な原画を50点展示するとともに、村松誠氏直筆サイン入り複製版画や各種40周年限定グッズを販売する、首都圏初の大規模イベントとなります。 毛並みの一本一本を緻密に表現するとともに、動物と人間を融合させたような表情が特徴の愛らしくもコミカルな村松誠氏のイラストを豪華50点展示。貴重な初掲載時のイラストは必見です。!! 作画工程が分かるような各種資料やパネルを展示するとともに村松誠氏が実際に使用している作画道具も公開し、イラスト創作過程に触れることが出来ます。 グッズコーナーでは村松誠氏の直筆サイン入り豪華複製版画や、Tシャツやトートバッグ、ボールペンやアクリルスタンドなど豊富に種類を取り揃えた40周年限定グッズが展開されます。 ©MAKOTO MURAMATSU・SHOGAKUKAN --------------------------------------------------------------------------------------- <展示概要> 「村松誠 犬猫イラスト展」 【会場】有楽町マルイ8階 イベントスペース 【開催期間】2019年10月2日(水)~10月16日(水) 【営業時間】11:00~21:00(最終日19:00) 日・祝10:30~20:30 コラム | 17view 「ユーモア×猫」受賞3作品目発表! 2019-09-13 「ユーモア×猫」受賞3作品目発表! 全ブランド対象 長期コンペ「ユーモア×猫」 入賞作品 タイトル» 作品ページ なべネコ 作者» 作者様ギャラリーページ kurahiromi様 賞金 1万円 補足 fillilで商品化予定 いかがでしたでしょうか! 定期コンペ、長期コンペ絶賛開催中ですので、引き続きよろしくお願い致します! グッズ | 134view アイデムフォトギャラリー[シリウス]  塚越 伯男 写真展「オレの仕事場」 2019-09-12 アイデムフォトギャラリー[シリウス]  塚越 伯男 写真展「オレの仕事場」 求人広告を企画・発行する株式会社アイデム(新宿区新宿 代表取締役:椛山亮)https://www.aidem.co.jp/ が運営するフォトギャラリー[シリウス] https://www.photo-sirius.net/ は 塚越 伯男写真展「オレの仕事場」を9月19日(木)~9月25日(水)に開催いたします。 就職してから20数年、当たり前のように通う職場 「仕事が好きか?」 と、問われれば答えは勿論 「NO!」 好きでは無いが生きていく為、好きな事をする為にも金は要る だから仕方なく働く そんなスタンス 恐らく多くの人がそんな感じではないだろうか? そんな私の好きな事 それは数年前から始めた写真 これが楽しくて仕方がない ある日、何気無く会社を撮ってみるとたり前だった景色が新鮮に見えた 見慣れている工場、見慣れている設備、毎日自分が使っている機械でさえもが ワクワクを与えてくれた カメラを通して見ることによって違う世界に見えた気がしたのだ 真剣な眼差しで働く姿に感動し、油まみれになり整備する姿を格好良く思う 満面の笑顔をカメラに向けてくる姿に自分も笑顔になれる たった1つのカメラを持って行ったことにより気づいた事 「会社も意外と悪くない!!」 前よりちょっとだけ好きになった オレの仕事場 もっと楽しくなるように もっと色々な視点でワクワクを探していけたらと思う 少し角度を変えて見るとアナタもちょっとだけ仕事が好きになれるかも! (出展枚数 モノクロ40点) <作者略歴> 群馬県出身 日本写真協会会員 【日時・会場】 会場:アイデムフォトギャラリー[シリウス] (東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅徒歩1分) 〒160-0022 新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F 期間:2019年9月19日(木)~9月25日(水) 開館時間:10:00~18:00(最終日は15:00まで) 休館日:日曜日 入場料:無料 写真展の様子は「シリウスブログ」でもご紹介します! ■シリウスブログ PC:https://www.photo-sirius.net/blog/ ■シリウス公式Facebook https://www.facebook.com/photo.sirius [お問い合わせ] アイデムフォトギャラリー シリウス事務局 担当:澤本慶子 TEL:03‐3350‐1211 https://www.photo-sirius.net/ コラム | 5view 「Precious and Gorgeous Night」受賞2作品目発表! 2019-09-12 「Precious and Gorgeous Night」受賞2作品目発表! ellerie 長期コンペ「Precious and Gorgeous Night」 入賞作品 タイトル» 作品ページ Roses & jewels 作者» 作者様ギャラリーページ negnegswork様 賞金 1万円 いかがでしたでしょうか! 定期コンペ、長期コンペ絶賛開催中ですので、引き続きよろしくお願い致します! コンペ | 91view 【商品化】DrugHoney 肩あき刺繍フリルワンピース 2019-09-12 【商品化】DrugHoney 肩あき刺繍フリルワンピース 2018/11/27~2019/01/28に開催されたDrugHoney 長期コンペ「DrugHoney スポーツ系ロゴ」の入賞作品「秘密結社風シンプルロゴ」が「肩あき刺繍フリルワンピース」として商品化されました! 今回は特別にアトリエサーカス公式twitterのRTキャンペーン(2019年9月12日(木)11:00~2019年9月26日(木)18:00まで)にご参加いただいた方の名から抽選で2名様にこちらの「肩あき刺繍フリルワンピース」をプレゼントします! 詳しくはページ下部のRTキャンペーン規約をご覧下さい。   「肩あき刺繍フリルワンピース」 アトリエサーカスの「DrugHoneyスポーツ系ロゴ」をテーマとしたコンペ入賞作品 肩あきにはフリルとリボンが施されています 後ろにはジップがついているので、お化粧などがお洋服につく心配いらずです!            【作品情報】 作品タイトル:「秘密結社風シンプルロゴ」 作者名:mi_nantoka様 作品詳細ページはこちら     【賞品・当選者数】 「肩あき刺繍フリルワンピース」を抽選で2名様にプレゼント   当選者にはダイレクトメールで通知しますので必ず@atelier_circusをフォローお願いいたします 賞品の種類や色は選べません。 賞品の発送は日本国内のみとさせて頂きます。 【応募期間】 2019年9月12日(木)11:00~2019年9月26日(木)18:00まで 【応募条件・方法】 Twitterアカウントをお持ちであること アトリエサーカス公式Twitterアカウント「@atelier_circus」をフォローしていること 「#ateliercircusプレゼント」のハッシュタグがついたツイートをリツイートしていること 【抽選・当選発表】 応募締め切りから2日程で当選連絡をいたします。 当選者の発表は@atelier_circusから当選者の方へのみTwitterのダイレクトメッセージでお知らせさせて頂きます。 その際、@atelier_circusのフォローをはずされておりますと当選連絡ができない為、当選が無効となりますのでご注意ください。   当選者へのダイレクトメール送信後3日以内にご返信が確認できない場合には、当選を無効とさせていただきます。 当選者の住所不明・長期不在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。 当選者は当選した権利を他人に譲渡、または金銭や他の物品との交換はできません。 キャンペーンに何度も応募するために多くのアカウントを作成する行為はTwitter社より禁止されています。   その為、複数のアカウントで応募頂いた場合は当選を無効とさせて頂く場合がございます。 【その他の注意事項】 本キャンペーンについては下記をお読みいただき、同意いただける場合のみご応募ください。   Twitterの使用方法間違いに起因する個人情報等の漏洩は、弊社では一切責任を負いません。 本キャンペーンに応募した時点で、本注意事項に同意いただいたものとします。 本キャンペーンに応募される場合にかかる通信料は、すべてお客様負担となります。 キャンペーンの一部またはすべてを事前に告知することなく、変更・中断あるいは中止または終了する場合があります。 【個人情報】 お送りいただきました個人情報は賞品送付のために利用します。個人情報は、第三者に提供することはありません。 ateliercircusの個人情報保護方針についてはプライバシーポリシーをご確認ください。 【お問い合わせ】 info@ateliercircus.com   ※お電話でのお問合せはお受けいたしておりません var swiper = new Swiper('.swiper-container', { navigation: { nextEl: '.swiper-button-next', prevEl: '.swiper-button-prev', }, loop: true, pagination: { el: '.swiper-pagination', type: 'bullets', }, }); グッズ | 381view 最新作「シャペルリー」を初公開 笹倉鉄平原画展 ~犬・猫に癒される風景画~ 2019-09-11 最新作「シャペルリー」を初公開 笹倉鉄平原画展 ~犬・猫に癒される風景画~ 9月18日(水)~24日(火)/大丸東京店11階催事場※初日12時開場、最終日18時閉場 ヨーロッパを中心とした光の情景画を描くことで人気の画家笹倉鉄平。これまでにも犬猫が描かれていた作品は人気が高く、笹倉鉄平のファンに加えて犬猫好きな新しい顧客層をつかんできました。一般財団法人ペットフード協会が2017年に発表した全国の犬猫のペット数は1800万匹強と空前のペットブーム。そこで今回のテーマを~犬・猫に癒される風景画~とし、犬猫が描かれた心和む風景画の貴重な原画約70点を展覧いただけるとともに、版画約80点を展示・販売いたします。また最新作「シャペルリー」を初公開いたします。 初公開 最新作「シャペルリー」 技法ジクレー 33.3×53.0cm 価格 240,000円+税 素足で浜辺を・・・ 心静まる ロメオのいる花屋 【作家来店サイン会】 9月22日(日)・23日(月・祝)両日とも14時~15時 作品、画集、DVDをお買い上げのお客様を対象にサイン会を実施します。 ※諸事情によりスケジュールは変更、中止になる場合がございます。 【お買い上げ特典】 会期中、本会場にて作品をお買いあげいただいた先着150名様に最新作が描かれたオリジナルトートバッグをプレゼントいたします。 ©TEPPEI SASAKURA/ART TERRACE コラム | 19view 「エレガント×ユーモア×バラ」受賞14作品目発表! 2019-09-11 「エレガント×ユーモア×バラ」受賞14作品目発表! Leirena 長期コンペ「エレガント×ユーモア×バラ」 入賞作品 タイトル» 作品ページ love is a rose 作者» 作者様ギャラリーページ tomuyamu様 賞金 1万円 いかがでしたでしょうか! 定期コンペ、長期コンペ絶賛開催中ですので、引き続きよろしくお願い致します! コンペ | 179view 島根県立石見美術館 コレクション展 「ひかり」をとりこむの開催 9/4~ 2019-09-10 島根県立石見美術館 コレクション展 「ひかり」をとりこむの開催 9/4~ 島根県立石見美術館では、コレクション展「ひかり」をとりこむを9/4(水)より開催中です。 マドレーヌ・ヴィオネ《イブニングドレス》1938年 【展覧会の概要】 1、開催趣旨 企画展「星とめぐる美術」(会期:9月14日〜11月18日)にちなみ、当館のファッションのコレクションから「ひかる」要素をもつ作品を紹介します。「ひかる」要素を持つ服をコレクションから選び出すと、そのほとんどが夜の社交の場、夜会で着られるドレスとなりました。こうしたドレスは、日中の服とは区別され、華やかなデザインとなっています。 今回は、1920年代から1990年代までに制作された石見美術館所蔵品のファッション関連作品より、きらびやかなイブニングドレスなどの衣装、版画等を紹介する選りすぐりの作品をご紹介します。 石見美術館公式サイト http://www.grandtoit.jp/museum/ 企画展「星とめぐる美術」特設公式サイト http://www.grandtoit.jp/museum/hoshitomeguru/ 2、会期 9月4日(水)~10月28日(月)休館日:毎週火曜日(ただし10/22は開館)、10/23 3、開館時間 10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで) 4、開催場所 島根県益田市有明町5-15 島根県芸術文化センター「グラントワ」内 島根県立石見美術館 展示室B 5、展示作品 衣装6点、版画4点、写真2点 6、主な作品 クリスチャン・ディオール/イブ・サンローラン《ディナードレス》1958年 エルネスト・タヤート《マドレーヌ・ヴィオネの織地のドレス》雑誌『ガゼット・デュ・ボン・トン』より1924-25年 【お問い合わせ】 島根県芸術文化センター「グラントワ」内 島根県立石見美術館 総務広報課 田原・吉岡・野田 TEL:0856-31-1863 FAX:0856-31-1884 コラム | 21view 「ユーモア×猫」受賞2作品目発表! 2019-09-10 「ユーモア×猫」受賞2作品目発表! 全ブランド対象 長期コンペ「ユーモア×猫」 入賞作品 タイトル» 作品ページ 行き交うシマ猫 作者» 作者様ギャラリーページ negnegswork様 賞金 1万円 補足 ブランド「fillil」で商品化予定 いかがでしたでしょうか! 定期コンペ、長期コンペ絶賛開催中ですので、引き続きよろしくお願い致します! コンペ | 132view